« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

八百屋塾③行者菜

23gyojana02
八百屋塾には、毎月、山形県東京事務所のかたが来て、山形県産の野菜を紹介してくれます。今月は「行者菜」。行者にんにくとにらを交配した野菜だそうです。見た目はにらそっくりですが、にらよりも実力があるらしい。

続きを読む "八百屋塾③行者菜"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年6月29日 (火)

八百屋塾②アスパラつながり

10aspara_sobage02
6月の八百屋塾のテーマは「アスパラガス」。
「アスパラソバージュ」も展示されました。
が、「アスパラガスとアスパラソバージュはまったく別物」と、講師の石井康晴さん。「ワイルドアスパラガスなどと呼ばれるので、野生のアスパラガスと思っている人もいると思いますが、間違いです」。そうか、私も野生のアスパラガスかと思っていた。
このアスパラソバージュ、フランス産だそうです

続きを読む "八百屋塾②アスパラつながり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

八百屋塾①アスパラガス

Tenji02
6月の八百屋塾。テーマは「アスパラガス」。
講師はサカタのタネの石井康晴さん。アスパラガスの来歴、特性、作型と品種などについてお話をしてくださいました。
私たちが食べるアスパラガスは、若い茎の部分。「若茎」と書いて「じゃっけい」と読みます。アスパラについている小さい鱗のようなものが葉っぱ「鱗片葉」で、グリーンのもやのような美しい葉は、分類上は茎。「擬葉」と呼ばれます。

続きを読む "八百屋塾①アスパラガス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月27日 (日)

ミュゼダグリ スタディ&カフェ

Terajima_nasu
7月の[野菜の学校]のテーマは、江戸東京野菜です。そのときお話をしてくださる大竹道茂先生のご紹介で、NPO法人ミュゼダグリのイベント“study & cafe”に参加しました。[野菜の学校]で食べくらべをする寺島なすについての勉強会です。※上の写真は寺島なす

■study & cafeのプログラム

  • スタディ:寺島なす復活物語(お話:なす名人・星野直治さん)
  • カフェ:寺島なすと八丈あしたば(お話と料理:江戸東京野菜料理研究家・酒井文子さん)

続きを読む "ミュゼダグリ スタディ&カフェ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

スナックパイン

Snack_pine01
よこはま青果塾の藤岡輝好委員長からもらったブログネタです。
「このパイナップル、“スナックパイン”といって、沖縄産です。カットして、皮ごと手でむしり取って食べられるんですよ」
「へーえ、面白いの。どうもありがとう!」
「けっこうおいしかったです…」

続きを読む "スナックパイン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

ランチの野菜度-067 雲海

Tray01
・月定食
・4000円くらい
・赤坂インターコンチネンタルホテル3階「雲海」
・野菜度=★★☆☆☆

◇私の友人がタイに赴任していたときにお世話になった方のお嬢さんが、日本語の勉強をしていて、ゆくゆくは妹さんとカフェを出したい。妹さんの一人はお国のコルドンブルーに通っていて、もう一人は経理の勉強をしている、といいます。ご本人は「カフェマネージメントの勉強がしたい」ということなので、岸朝子さんに相談にのってもらうことになり、近くのインターコンチネンタルホテルで、ランチをごいっしょしました。

続きを読む "ランチの野菜度-067 雲海"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月23日 (水)

[元気料理おやじ流]夏レシピ④汗と匂い対策

初級編 「焼きナスのごまだれあえ」
100617oyaji_disha
ナスは、漢方では「からだを冷やす食べ物」とされ、鎮痛・消炎のために使われてきた野菜。熱を抑え、老廃物の代謝を促進する作用もあるといわれています。また、カリウムの効果で利尿作用が活発になり、紫の色素成分「ナスニン」には強い抗酸化力があるため、老化予防にも有効とか。

上級編 「トウガンとトウモロコシのスープ煮」100617oyaji_dishb 
「冬瓜」の旬は夏。冷暗所においておくと冬までもつので「冬瓜」と呼ぶそうです。からだを冷やす作用があり、体内にたまった老廃物を排出してくれる効果も。同じく夏が旬のトウモロコシと合わせて、夏場のスタミナ補給に。

続きを読む "[元気料理おやじ流]夏レシピ④汗と匂い対策"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月22日 (火)

押上「よしかつ」

Entrance
7月の[野菜の学校]のテーマは、江戸野菜です。そこで、江戸東京・伝統野菜研究会代表、大竹道茂先生に教えていただいたお店、押上にある「よしかつ」で食べて勉強しようということになりました。「東京スカイツリーがすぐそばに見える」と騒ぎながら、お店に到着。満席です。

続きを読む "押上「よしかつ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

[野菜の学校]⑦食べくらべ

Tabekurabe01
6月の[野菜の学校]のテーマは加賀野菜。食べくらべは、加賀太きゅうりに対して、一般的なF1きゅうり、在来種の伝統的きゅうり、ウリの3種類。それぞれ、生をカットしたもの、塩をまぶしたものの2種類。加賀太については果皮のついているものとむいたものを用意しました。(上の写真は右から左へ、加賀太、F1、在来種、白うり)。

続きを読む "[野菜の学校]⑦食べくらべ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

[野菜の学校]⑥五郎島金時

05gorojima02
「三大さつま芋というと、五郎島金時、鳴門金時、ベニアズマだが、ふかしてあったかいうちに食べると、一番が鳴門金時、次が五郎島、ベニアズマの順。冷えてからは、五郎島、鳴門金時、ベニアズマの順にうまい」と、[野菜の学校]6月の講師、小畑文明さん
五郎島金時と鳴門金時の品種はどちらも高系14号ですから、高系14号のほうがベニアズマ(農林36号)よりうまいってことですね。まあ、うまいってのは、好みとか食べ慣れた味という要素も大きいでしょうけれど。

続きを読む "[野菜の学校]⑥五郎島金時"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月19日 (土)

[野菜の学校]⑤加賀れんこん

04kagarenkon02_3
加賀藩の藩邸で栽培が始まり、鑑賞用の花として楽しまれていた加賀れんこんが、やがて加賀の産物として公に栽培されるようになり、食用としての栽培が盛んになるのは明治時代以降。

続きを読む "[野菜の学校]⑤加賀れんこん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[野菜の学校]④加賀つる豆

03turumame02
つる豆は「ダラ」ほどとれるという意味から「ダラまめ」とも呼ばれる。「ダラ」というのは、金沢あたりの方言で「バカ」「アホ」に近い意味、と[野菜の学校]6月の講師の小畑文明さん。つまり、たくさんとれるってことですね。「千石豆」とか「八升豆」という別名も、由来は同じでしょう。配付資料にもありますが、つる豆はいろいろな名前で呼ばれています。
ちなみに、『日本の野菜』(青葉高著・八坂書房)には、ツルマメはシベリアから日本に野生する大豆の原種の名称として出て来ます。こちらの別名は「ノマメ」。

続きを読む "[野菜の学校]④加賀つる豆"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月18日 (金)

[野菜の学校]③金時草

02kinjiso01
野菜の学校]4月、沖縄の伝統野菜に登場したハンダマと同じ野菜です。金時草は「きんときそう」と読みたくなりますが、「きんじそう」。でも、名前の由来は、葉裏の色が五郎島金時のような赤紫色だから、といいます。だったら「きんときそう」になりそうですが…。なぜかしらね。

続きを読む "[野菜の学校]③金時草"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

[野菜の学校]②加賀太きゅうり

01kagabuto02
6月の[野菜の学校]のテーマは加賀野菜でした。加賀野菜で一番有名なのは、加賀太きゅうりかもしれません。私も何年か前のビールのコマーシャルで、加賀太を皮がついたまま丸かじりしている映像にちょっと驚きました。加賀太といえば、果皮がかたいのでむいて、生ではなく煮て食べるのがジョーシキだと思っていましたから。
講師の小畑文明さんのお話でも、やはり加賀太きゅうりは皮をむいて、とうがんのように使います。あんかけがもっとも一般的な料理で、天ぷらにもするそうです。

続きを読む "[野菜の学校]②加賀太きゅうり"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010年6月15日 (火)

[野菜の学校]①加賀野菜

Tenji_2
全国の伝統野菜・地方野菜を取りあげる今年度の[野菜の学校]。6月は、石川県の加賀野菜でした。お話は、金沢市の近江町市場にある八百屋さん「小畑商店」の社長小畑文明さんです。

続きを読む "[野菜の学校]①加賀野菜"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年6月14日 (月)

6月の陽子ファームから

Yoko_farm
陽子ファームから野菜が届きました。

続きを読む "6月の陽子ファームから"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

おいしい山形料理教室(続)

Our_work
私たちがつくったランチです。

  • 月山筍の生ハム巻きフリット(上)
  • 庄内浜の魚のカルパッチョとアスパラと山アスパラ(右)
  • フレッシュトマトのスパゲッティ(左)

続きを読む "おいしい山形料理教室(続)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おいしい山形料理教室

Okudasan03
アル・ケチャーノ
の奥田政行シェフが教えてくれる料理教室。山形県のアンテナショップ「おいしい山形プラザ」のファンクラブ会員にお知らせが来て、申し込むと抽選で参加できます。
私も会員ですが、ぜったいに当たらない。
と思っていたら、お友だちが「当選した!」と大騒ぎ。いっしょに行く予定だった人の代わりに、と誘ってくれました。うれしい!

続きを読む "おいしい山形料理教室"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

アメリカンチェリー「ブルックス」

Brooks01
アメリカンチェリーというと、濃い色のビングか、淡い色の;レイニアしか食べたことがありません。伊勢丹の青果売り場で、そのどちらでもないように見えるものがありました。で、品種を聞いたら、「ちょっと待ってください」とバックヤードへ走っていって、「ブルックスだそうです」と。それ、やっぱり初めて。食べてみよう。

続きを読む "アメリカンチェリー「ブルックス」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月11日 (金)

すいかの糖度のはかり方

01_cutting
野菜と文化のフォーラムが開いたすいかの有名品種特性研究会。11種類を試食した後に、糖度が発表されました。それには、「中心部」と「中央部」という数値のほかに「平均値」があります。「平均値」はわかりますが、「中心部」と「中央部」ってどこのことなんでしょう。よくわからないので糖度を計った関係者に聞いてみたら、写真を送ってくれました。

続きを読む "すいかの糖度のはかり方"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

すいか勢揃い(続々)

<野菜と文化のフォーラム>主催のスイカ品種特性研究会に登場したすいかたち。まずは大玉すいか。

A 紅まくら
A03

  • 育成会社名:タキイ種苗 東京支店
  • 糖度 中心部14.4 中央部10.9 平均12.65
  • 果皮の厚さ:12.7㎜

続きを読む "すいか勢揃い(続々)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すいか勢揃い(続)

Siryo01_2
<野菜と文化のフォーラム>主催のスイカ品種特性研究会では、集まった11品種のスイカたちを5つの指標(果肉の色、黄帯の有無・程度、肉質、シャリ感、甘み)で3段階評価し、全体を総合評価(3段階)します。
上の写真は、一人一人に配られた試食用大玉5種類

続きを読む "すいか勢揃い(続)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

すいか勢揃い

Tenji01
夏はまだしばらく先ですが、<野菜と文化のフォーラム>主催のスイカ品種特性研究会がありました。登場したすいかは、大玉5種・小玉6種、全11種類。すいかの育種にたずさわるのは、主に専門の種苗会社だそうです。それぞれ自慢の品種を用意してくださいました

続きを読む "すいか勢揃い"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

三浦さんのトマト

Miura_momotaro03
宮城県大崎市の三浦幸雄さんから、事務所にトマトが届きました。
三浦さんに初めてお目にかかったのは、築地市場近くのコーヒーショップ。去年、私が編集者としてお手伝いした本の取材のときです。
その本というのは、羽村にあるスーパーマーケット福島屋の代表、福島徹さんの『食の理想と現実』。三浦さんは、福島屋さんに野菜をおさめている農家の一人で、福島さんといっしょに築地を見にいらしていたのです。

続きを読む "三浦さんのトマト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月)

野菜のいただきもの

Box
私のブログをご覧になって、事務所にお野菜を送ってくださる方がいます。6月に入り、また一箱届きました。いつも野菜の造形と色に感動しつつ写真を撮ります。ありがとうございます。

続きを読む "野菜のいただきもの"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

ランチの野菜度-066 陽子ファームでのランチ

Lunch01
・手作りランチ
・値段不明
・陽子ファーム-シェフ交流会
・野菜度=★★★★☆

◇陽子ファームのお野菜を使っているレストランのシェフたちが集まり、意見交換をする、というので参加させてもらいました。ランチは、畑からとってきた野菜をみんなで料理。ヨウコさんが炊いてくれた炊きたてのごはんといっしょに食べました。

続きを読む "ランチの野菜度-066 陽子ファームでのランチ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 5日 (土)

[元気料理おやじ流]夏レシピ③睡眠をサポート

■初級編 「レタスとアサリのピリ辛いため」100603oyaji_disha
レタスの茎を切ると出てくる白い液には、鎮静・催眠作用のある成分が含まれているといわれています。脳のエネルギー代謝にかかわるビタミンB群を多く含むアサリと組み合わせて。快適な睡眠をサポートする一皿。

■上級編 「ゴーヤーと厚揚げの沖縄風みそ煮」
100603oyaji_dishb

健康野菜ゴーヤーには、ストレス軽減、疲労回復などに有効なビタミンCがたっぷり。イライラを沈め、精神の安定に役立つといわれるカルシウムを多く含んだ厚揚げと、沖縄風のみそ煮にします。

続きを読む "[元気料理おやじ流]夏レシピ③睡眠をサポート"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 4日 (金)

八百屋塾⑦ 山形の山菜

Tenji_sansai_2
八百屋塾には、毎月、山形東京事務所の方が参加して、山形の旬の野菜を紹介してくれます。今月は、山菜が5種類。

続きを読む "八百屋塾⑦ 山形の山菜"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

八百屋塾⑥ メロン

Tenji_melon
ことしの天候不順は、どこへ行っても話題になりますが、メロンへの影響も大きいらしい。フルーツの講師、橋本さんによると「2週間遅れの上、大きく育ってない」そうです。

続きを読む "八百屋塾⑥ メロン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

八百屋塾⑤ トマチロ

30pineapple_tomatiro02
トマトがテーマだった5月の八百屋塾。「トマチロ」というかわいい子たちが登場しました。トマトの親戚みたいな名前ですが、食用ホオズキだそうです。変わりトマトを作っている広瀬農園のお作。
写真はパイナップルトマチロ

続きを読む "八百屋塾⑤ トマチロ"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

八百屋塾④ 変わりトマト

17iboryegg02_2
5月の八百屋塾には変わりトマトもたくさん登場しましたが、資料がなく詳細は不明です。
写真はアイボリーエッグ(奈良県磯城郡川西町 広瀬農園)

続きを読む "八百屋塾④ 変わりトマト"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

八百屋塾③ トマト(続々)

13cocktail03_2 13cocktail04
5月の八百屋塾には、ミディトマト、調理用トマトも登場しました。
写真はカクテルトマト
・産地:栃木県 グリーンステージ大平
・品種:カンパリ
・特徴:オランダの品種「ファン・ゴッホ」

続きを読む "八百屋塾③ トマト(続々)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火)

八百屋塾② トマト(続)

19super_agri
5月の八百屋塾、フルーツトマトは7種類紹介されました。
上の写真は「スーパーアグリ」。
・産地:茨城県 (有)NKKアグリドリーム
・品種:独自品種
・特徴:9度以上の糖度、130g以上の大玉フルーツトマト

続きを読む "八百屋塾② トマト(続)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »