« 6月の陽子ファームから | トップページ | [野菜の学校]②加賀太きゅうり »

2010年6月15日 (火)

[野菜の学校]①加賀野菜

Tenji_2
全国の伝統野菜・地方野菜を取りあげる今年度の[野菜の学校]。6月は、石川県の加賀野菜でした。お話は、金沢市の近江町市場にある八百屋さん「小畑商店」の社長小畑文明さんです。

Classroom01_2
加賀野菜と京野菜は、ブランドの成立に大きな違いがあることがわかりました。まず、サポートしている自治体が違う。加賀野菜は金沢市、京野菜は京都府です。やはり「市」と「府」では、予算も影響力も違うでしょう。
そもそも加賀野菜保存懇話会を発足させたのは、青果業の小畑さんと種苗業の松下良さんたち民間が中心で、自治体はこの動きに敏感だったとはいえないようです。この点、京野菜は若手料理人「芽生会」から最初の動きが始まりましたが、京都府はそれを受けてブランド対策係を任命。5月の〔野菜の学校〕の講師にも来てくださった、太田善久さんというたいへん力のある方を初代係長として、推進していきました。

いま、石川県では能登半島の「能登野菜」もブランドとして成立させようとする動きがあります。ただし、加賀野菜の条件は「1945年(第二次世界大戦終戦の年)以前から作られてきたこと」と決められていますが、一方、能登の伝統野菜は「概ね30年以上の栽培歴史があること」。小畑さんによると、風土も文化も「金沢周辺と能登とはまるで違う」とのことです。なるほど「県」では括れないのでしょうね。

|

« 6月の陽子ファームから | トップページ | [野菜の学校]②加賀太きゅうり »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

野菜の学校」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/48635918

この記事へのトラックバック一覧です: [野菜の学校]①加賀野菜:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/06/16 09:45) [ケノーベル エージェント]
金沢市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年6月16日 (水) 09時50分

« 6月の陽子ファームから | トップページ | [野菜の学校]②加賀太きゅうり »