« スナックパイン | トップページ | 八百屋塾①アスパラガス »

2010年6月27日 (日)

ミュゼダグリ スタディ&カフェ

Terajima_nasu
7月の[野菜の学校]のテーマは、江戸東京野菜です。そのときお話をしてくださる大竹道茂先生のご紹介で、NPO法人ミュゼダグリのイベント“study & cafe”に参加しました。[野菜の学校]で食べくらべをする寺島なすについての勉強会です。※上の写真は寺島なす

■study & cafeのプログラム

  • スタディ:寺島なす復活物語(お話:なす名人・星野直治さん)
  • カフェ:寺島なすと八丈あしたば(お話と料理:江戸東京野菜料理研究家・酒井文子さん)

おもしろいお料理がたくさん出ました。

■なすの食べくらべ
01tabekurabe02
手前から、大長なす、千両なす、寺島なすを生で食べくらべました。

■寺島なすとあしたばのヨーグルト味噌漬け02misozuke01

■あしたばとハムのサラダ
03sakada
やわらかくてアクのないあしたばでないと、こんな食べ方はできないね。そういえば、色も今まで知っているあしたばより淡くて、やさしい感じ。Asitaba

■寺島なすの茶筅煮
04chasennasu01
奥はあしたばの茎の含め煮。八丈島の伝統料理だそうです。

■天ぷら3種
05tenpura01

06tenpura

07tenpura
あしたば、トマト、ミニきゅうり。あしたば、トマトは予想通りの味。きゅうりの天ぷらは初めて食べました。おもしろい味。

■あしたばの和風冷製スープ
08soup
あしたばのほかに使っている野菜は、じゃがいもとたまねぎ。バターの代わりにごま油、牛乳の代わりに豆乳とだし汁、というところが和風です。

■寺島なすのさっぱり酢飯
09sumesi
みょうがとなすをサッと炒めて、酢飯に混ぜたごはん。

■天満椎茸(手前)とあしたばの茎の味噌漬け(奥)10tenman_siitake
「天満椎茸」はしいたけ料理ではなく、見立て。実は、なすのへたを醤油と酒で煮含めたもの。江戸時代の料理だそうです。

■寺島なすと黒米のぜんざい風
11dessert
東南アジア風お米のデザートになすを合わせた甘味。

|

« スナックパイン | トップページ | 八百屋塾①アスパラガス »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

江戸・東京野菜」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/48895725

この記事へのトラックバック一覧です: ミュゼダグリ スタディ&カフェ:

« スナックパイン | トップページ | 八百屋塾①アスパラガス »