« 7月の陽子ファームから | トップページ | 福島の佐藤錦 »

2010年7月13日 (火)

ランチの野菜度-069 福島県「夢華そば」

Lunch_aproach
・納豆おろしそば
・1470円
・福島県山田字中森「夢華そば」
・野菜度=★★★☆☆
◇福島市笹木野にある「大内果樹園」に連れて行っていただいた日のランチです。福島市からクルマで30分~40分。吾妻山麓のなかにある「夢華そば」でごちそうになりました。

Lunch_entrance_2
◇パンフレットにあった紹介文

  • 十割の地粉がつくる食の贅 「夢華そばのゆらい」
    夢華そばのオーナー石原友康の念願は、吾妻の地に新しいそばの里を拓き、お客様に「おいしいそばを食べていただきたい」。唯々この一事につきます。自らがブルドーザーに乗って畑を耕し、理想のそば作りを追求する姿に感銘して、現在のスタッフが集まりました。
    全員が心をひとつにして、最高の乾燥を施した玄そばを幻の製粉法により上質の粉に仕上げます。
    「当地に湧く理想の自然水を使い、匠の手打ちの技で究極のそばを目指し、お客様への華と添えてお出しする」。この夢を名前に籠めました。

◇納豆おろしそば
Lunch_soba
これ、10割なんですね。それをごく細く打ってあります。こしは強すぎず、やわらかすぎず。香りがいい。納豆そばが大好きなので、メニューに見つけて思わず頼んでしまったが、納豆をあわせるのはもったいなかった。シンプルに盛りそばでいただくべき。でも、甘いだいこんおろしに、それほどクセのない納豆なので、いいことにしよう。とてもおいしいおそばの味はよくわかりました。

◇福島県では、よいそば粉ができるのだそうです。「夢華そば」に案内してくださった方が、おそばの名所山都町宮古の「水そば」の話をしてくださいました。最初の一杯はそばつゆではなく清水につけて食べるという…。もちろん10割そば。「これがそばの味だぞ」ということでしょう。納豆そばなど、とんでもない食べ方かもしれないね。一度宮古へ行ってみたい。

◇栄養のバランスからいうと、おそばだけをいただく盛りそばってどうなんだろうと思い、いつも何か合わせたくなります。納豆おろしそばにしたのは、それもある。納豆の植物性たんぱく質とか、だいこんおろしのビタミンとか…。でも、納豆おろしそばの野菜度はどう考えたらいいかなぁ。みんな植物性だけど、野菜をバリバリむしゃむしゃ食べている感じはないし…。やっぱり★★★かな。

◇夢華そば
福島県山田字中森2-1
TEL:024-539-5606
定休日:毎水曜日(祝日は営業)
定休月:1~3月

|

« 7月の陽子ファームから | トップページ | 福島の佐藤錦 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ランチ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/48865058

この記事へのトラックバック一覧です: ランチの野菜度-069 福島県「夢華そば」:

« 7月の陽子ファームから | トップページ | 福島の佐藤錦 »