« むら芽 | トップページ | 福島市笹木野「大内果樹園」 »

2010年7月10日 (土)

枝豆

Edamame01
7月の[野菜の学校]は江戸東京野菜を取りあげるので、足立区のつまもの農家を見学させてもらいました。そのときにお目にかかった鮎たでの農家の方から、「枝豆を作っている人がいるよ」と紹介されてうかがったのが吉岡さんの作業場。こんな風に形を整えるところを見せていただきました。
味もさることながら、商品としての姿の美しさにもとてもこだわる。それは江戸東京野菜の特色のひとつのような気がします。

■束ねる準備
01prepare02
収穫した枝豆は、余分な葉を落とすなど、束ねる準備をします。

■準備のできた枝豆
02prepare01

■計量
03measure01
記憶は定かではないが、たしか500g。というのは葉と茎を合わせた重量、でも可食部分の実の重量もそれほど誤差はないらしい。さすがプロです。

■結束
04kessoku
実のつきかたはまちまちなので、何本か合わせて揃えたときに、姿がいいように整えていく。これ、ワザです。あたりまえのように、見え方にこだわっているんですね。

■できあがり
05kessoku
品種をうかがったら「さや根かさや娘」とのこと。

■水洗い
06washing
最後に大きな水槽に入れて、強いシャワーで洗います。

|

« むら芽 | トップページ | 福島市笹木野「大内果樹園」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

江戸・東京野菜」カテゴリの記事

野菜(果菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/48845739

この記事へのトラックバック一覧です: 枝豆:

« むら芽 | トップページ | 福島市笹木野「大内果樹園」 »