« あんずいろいろ | トップページ | 木の芽 »

2010年7月 7日 (水)

「平和」というあんず

Heiwa01_2
フルーツセミナーで、生食用新品種「サニーコット」「ニコニコット」と比較されて紹介されていたのが「平和」。日本で一番多くつくられている品種だそうです。

配付資料によると

長野県更植市森の南沢小重太郎氏が発見した偶発実生で、明治の末頃導入された欧米品種の実生といわれている。「平和」という名前は、第一次世界大戦の終結を記念して、つけられたという。収穫時に降雨が多いと裂果が多発する。酸味が強く、生食には適していない。現在も長野県の基幹品種である。

伊勢丹で「平和」を売っていたので、ジャムを作りました。
Heiwa01_3

Heiwa02

Heiwa_jam
タネをとって、皮ごと適当にカットし、40%のグラニュー糖で煮詰めただけ。手作りは、なぜかおいしい気がする。

|

« あんずいろいろ | トップページ | 木の芽 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

果物(梅・桃など)」カテゴリの記事

青果イベント」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/48904933

この記事へのトラックバック一覧です: 「平和」というあんず:

« あんずいろいろ | トップページ | 木の芽 »