« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

八百屋塾(2) ペポかぼちゃ

09variety03_3
8月の[八百屋塾]にはペポかぼちゃもいろいろ登場しました。ちょっと前には考えられないくらいの種類があります。かぼちゃの仲間って姿かたちも面白い。

続きを読む "八百屋塾(2) ペポかぼちゃ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月30日 (月)

八百屋塾(1) かぼちゃ

Tenji06
8月の[八百屋塾]のテーマはかぼちゃ、講師はタキイ種苗の新久紀先生です。興味深いお話をいろいろしてくださいました。

続きを読む "八百屋塾(1) かぼちゃ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月27日 (金)

江戸東京野菜料理コンテストレシピ集

Edo_tokyorecipe_2
日、江戸東京・伝統野菜研究会の大竹道茂先生からいただいた、美しい小冊子。「江戸東京野菜料理コンテストレシピ集」です。

続きを読む "江戸東京野菜料理コンテストレシピ集"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月26日 (木)

酸化しないりんご「つがる姫」

Tugaruhime03
東京青果のサイト
によると、山梨産「つがる姫」の箱には「酸化しないリンゴ」と書いてあるそうです。売り場のPOPにも、「切っても色が変わらない」と書いてありました

続きを読む "酸化しないりんご「つがる姫」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月25日 (水)

山梨産「つがる姫」

Tugaruhime04
伊勢丹で見つけた「つがる姫」。つがるは津軽だから青森かな、と思ったら山梨産でした。全身真っ赤ではなく、メッシュみたいな果皮がきれいです

続きを読む "山梨産「つがる姫」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月23日 (月)

[元気料理おやじ流]秋レシピ②日焼け肌メンテ

■初級編 「モロヘイヤのスープ」
100819oyaji_disha_2
エジプト原産のモロヘイヤは、1980年代に日本に導入された、比較的新しい野菜です。モロヘイヤの名前の由来は、アラビア語で「王様だけのもの」という意味とか。
モロヘイヤには、ベータカロテンのほか、皮膚の新陳代謝を促すビタミンB群、メラニン色素の増加や沈着を抑えるビタミンC、日焼けによる炎症を鎮めるビタミンEなど、肌の健康に欠かせない栄養素が豊富に含まれています。「王様だけのもの」でなくなってよかった。

■上級編 「ズッキーニのごちそう焼き」
100819oyaji_dishb
ズッキーニは、カボチャの仲間。カボチャより糖質やデンプン質が少ないため低エネルギーで、ベータカロテン、ビタミンC、Eといった抗酸化ビタミンや、各種ミネラルをバランスよく含む野菜です。
そのズッキーニに、肉あんと貝柱あん、2種の具材をのせて、オーブントースターで焼き上げます

続きを読む "[元気料理おやじ流]秋レシピ②日焼け肌メンテ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月21日 (土)

日本全国なす自慢(8) なすの地図ほか

Map01
インド原産のなすは、いくつかのルートで日本にやってきた。奈良時代には栽培の記録があるというから、古い古い話。そして長い年月をかけて、全国各地で、それぞれの気候風土に合わせた多様な形になって定着していく。大きくいうと、栽培期間の短い東北では、早生で小型の丸なすや長なすになり、南国では大型の長なすや丸なすになった…。
そのさまざまな形のなすのイラストをマッピングした日本地図が、なすに関する本にはよく出ています。これを何とかディスプレイしたいね。というところから始まりました。完成したのは、フロアにロープで描いた日本地図に実際のなすをのせたディスプレイ。いまは園芸研究家、もとデザイナー、御倉多公子さんの力作です。

続きを読む "日本全国なす自慢(8) なすの地図ほか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月20日 (金)

日本全国なす自慢(7) なす料理

Sasimi02
「日本全国なす自慢!」の副題は、「なすとごはんのおいしい関係」です。なす料理もたくさん用意しました。調理隊の奮闘のおかげで、とても好評だったと思います。
▲写真は、泉州水なすの刺身 オリーブオイルかけ

続きを読む "日本全国なす自慢(7) なす料理"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月19日 (木)

日本全国なす自慢(6) 千両 とげなし千両

Kyoto_senryo02
「日本全国なす自慢! ~なすとごはんのおいしい関係~」での講演は、タキイ種苗の島越敏先生による「在来種からF1種への流れと今後の方向性」でした。
島越先生は、日本で最もメジャーなナス「千両」をもつタキイ種苗の研究農場に勤務され、品種研究の最前線にいる方。2007年にトゲなしナス「とげなし千両2号」を開発されています。そんなお立場から、在来種とF1種の過去・現在・未来について、たいへん興味深いお話をしてくださいました。
※写真は千両なす

続きを読む "日本全国なす自慢(6) 千両 とげなし千両"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月18日 (水)

日本全国なす自慢(5) 四国・九州

Ehime_kinukawa02
なすの原産地はインド。その後、どの道を通って日本に伝わったか。中国を通ったことは間違いないが、いくつかのルートがある、といいます。
※写真は国内最大級の卵形なす、愛媛の「絹かわなす」

続きを読む "日本全国なす自慢(5) 四国・九州"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月17日 (火)

日本全国なす自慢(4) 近畿・中国

Kyoto_kamo04
伝統野菜・地方野菜というと、ふつうはその土地だけで利用されるもの。ところが、京都の「賀茂なす」や大阪の「泉州水なす」は違います。こういう全国区で人気のある伝統野菜があるのは、近畿だけではないでしょうか。
一方で、「とげなし千両」が生まれたり、「スティックテースト」のような変わったなすが育てられているのもここです。古くからのものがいまを生きている、と同時に最先端のものもある、京都は野菜の世界も深い。
※写真は京都の賀茂なす

続きを読む "日本全国なす自慢(4) 近畿・中国"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月16日 (月)

日本全国なす自慢(3) 関東

Tokyo_terajima02
関東地方のなすは、伝統野菜より新顔なすが目をひいたのではないかと思います。今回登場した関東のなすのうち伝統野菜といえるものは、埼玉の「青なす」と東京の「寺島なす」だけ。「オーベルジン・リスターダ・デ・ガンディア」「オーベルジン・キャスパー」「オーベルジン・クララ」「万寿満(ますみ)」などの新しいなすを、群馬県の丸駒園芸さんが提供してくださったほか、[野菜の学校]の大澤敬之校長も自宅近くの直売所でいくつか見つけてきてくれました。また、茨城県の後藤農園からは「シチリアなす」というイタリア種、神奈川県からは「サラダ紫」という新顔もやってきました。
※写真は復活した江戸の伝統野菜「寺島なす」

続きを読む "日本全国なす自慢(3) 関東"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月14日 (土)

日本全国なす自慢(2) 中部

Niigata_kinchaku02
長岡中央青果の鈴木圭介会長、この方を抜きになすの話はできません。何しろ鈴木会長が紹介した長岡のなす文化に、野菜の神さま・故江澤正平先生も驚いたというエピソードの持ち主です。今回は、長岡のなすを各種調達していただいたほか、当日も参加してくださいました。※写真は長岡巾着なす

続きを読む "日本全国なす自慢(2) 中部"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月13日 (金)

日本全国なす自慢(1) 東北

Display01
8月1日、[野菜の学校]の課外授業として「日本全国なす自慢!」を開きました。会場は、有楽町にある東京国際フォーラム館内<ごはんミュージアム>です。

続きを読む "日本全国なす自慢(1) 東北"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月12日 (木)

1人分が得意!トースタークッキング

Toastercooking02_2
私たちが編集しこのほど発売になった、クッキングプロデューサー葛恵子先生のご本、トースターで調理するレシピ集の第2弾です。

続きを読む "1人分が得意!トースタークッキング"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月10日 (火)

夏小夏

Natsukonatsu02「夏小夏」は先日、東京ビックサイトで開かれた“アグリフードEXPO”で出会ったかんきつです。
ゆりかもめに乗ると、親子連れが多いのはお休み特有の現象。でも、夏休み組は「海浜公園」「台場」「船の博物館」で降りてしまい、「国際展示場正門」に着く車内にはあきらかにビジネス関係者とわかる人たちばかりでした。
それにしても「国際展示場正門」という駅名はおぼえにくいと思う。「国際展示場前」なら思い出せるのだけれど、いつもそんな名前はない、とパソコンに言われて、「えーっと何だっけ???」

続きを読む "夏小夏"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 7日 (土)

夏野菜 美人揃い

Vegetables
季節の野菜を送ってくださる方から届きました。
いつものようにスタッフと分けて楽しんでいます。

続きを読む "夏野菜 美人揃い"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 6日 (金)

[元気料理おやじ流]秋レシピ①夏ばて解消

■初級編 「たたきキュウリとゆで豚のキムチあえ
100805oyaji_disha

暦の上では秋ですが、まだ猛暑が続いています。そこで、涼しげな風味と食感を持つキュウリを使い、エネルギーの代謝に関与するビタミンB1が多い豚肉と、ピリリと刺激的な辛さのキムチであえた一品。
キュウリには、体内でナトリウムとのバランスをじょうずに保ってくれるカリウムが豊富に含まれ、利尿を促進、むくみや疲労の解消に役立つといわれています。

■上級編 「ピーマンたっぷり!肉みそ豆腐ステーキ
100805oyaji_dishb_2
βカロテン、ビタミンC、Eを多く含む緑黄色野菜の優等生ピーマンと、ビタミンB1豊富な豚肉で肉みそを作り、のどごしのよい豆腐のステーキにたっぷりとのせていただきます。
ピーマンの抗酸化パワーで免疫力を強化、カプサイシンの効果で新陳代謝も高めます。豚肉に含まれるビタミンB1には、筋肉にたまった疲労の原因物質、乳酸の代謝を促す作用もあるといわれています

続きを読む "[元気料理おやじ流]秋レシピ①夏ばて解消"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年8月 5日 (木)

蟠桃(ばんとう)

Banto03
ネットの記事をみて、去年予約した「蟠桃」が届きました。一度食べてみたいと思ったのです。なにしろ、孫悟空の桃、食べると寿命が延びるという桃です。

続きを読む "蟠桃(ばんとう)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 4日 (水)

酵素でくだものの皮をむく

Cutfruits04
農研機構産学官連携交流セミナーの第2回目「新たな需要を喚起する イチオシ!加工・業務用フルーツ」でカンキツの皮をペクチン分解酵素で分解し、はがす方法が紹介されました。次のようなメリットがあり、注目されているそうです。

  • 作業の効率化
  • 品質の高いものを製造できる
  • 残渣の再資源化が比較的容易・残渣の再資源化が比較的容易
  • 有機認証を得られる可能性がある

上の写真は実際にその方法を使った「デリカフルーツ」という商品です。名古屋の「弘法屋」というフルーツショップで販売しているとのこと。皮も袋もとったカンキツは食べやすくて、消費量を上げるよい方法だと思います。なにしろ、ネイルアートしている女性たちは、ネイルが気になるから皮を剥くフルーツは食べない、というのですから。

続きを読む "酵素でくだものの皮をむく"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 3日 (火)

丘わかめ

Okawakame05
伊勢丹の野菜売り場に「丘わかめ」という、雲南百薬にそっくりの葉っぱがありました。でも、私が知ってる雲南百薬は「沖縄産の薬草」。これは山形県産の野菜。地域的にずいぶん北です。いま日本列島はモーレツに暑い。けれど沖縄の葉っぱが山形で穫れるんだろうか…。確かめたくなって買いました。

続きを読む "丘わかめ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 2日 (月)

ターキッシュ・オレンジ

Turkishi_orange06_2
これ、なすです。

続きを読む "ターキッシュ・オレンジ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うぐいすきゅうり

Uguisu_kyuri02
園芸研究家の御倉多公子さんが苗モニターで作ったきゅうりです。

続きを読む "うぐいすきゅうり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 1日 (日)

ランチの野菜度-071 野菜三昧のランチ

Entrance02
・野菜三昧のランチ
・4800円
・中目黒「リストランテ カシーナ カナミッラ」
・野菜度=★★★☆☆
◇「野菜三昧のランチ 自然農法の高田幸雄さんを囲んで」というイベントランチに参加しました。

続きを読む "ランチの野菜度-071 野菜三昧のランチ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »