« [元気料理おやじ流]秋レシピ③アンチエイジング | トップページ | 八百屋塾(8) ぶどう »

2010年9月 6日 (月)

八百屋塾(7) パプリカ

52akagi_tachibana01
八百屋塾の試料は実行委員会が用意しますが、このほかに自治体や種苗会社から「東京の八百屋さんに紹介したい」と持ち込まれるものがあります。
都内で出回るパプリカの約7割が外国産とか。国産パプリカは増える余地がある、と力を入れるところが出てくるのは当然のことでしょう。今回は、群馬県、山形県、新潟県で作られているパプリカが紹介されました。

▼パプリカ(群馬産)
51tone_numata

  • 産地:群馬県 JA利根沼田
  • 特徴:赤城山の西北麓、標高600mの地域。若い生産者が集まり、中島農法で栽培する赤城根パプリカ部会が、7年前から作っている。天敵栽培なので、農薬使用が少ない。

▼パプリカ(群馬産)
52akagi_tachibana04

  • 産地:群馬県 JA赤城たちばな
  • 特徴:タネはデルモンテの「ビバ・パプリコット」。食べきれる小さいサイズのパプリカを2色組み合わせた、家庭向けパッケージ。JA赤城たちばなは、群馬県のほぼ中央、赤城山の西南麓に位置し、台地が広がる緑豊かな農村地帯。

▼パプリカ(山形産)
53yusa_pupr02ica

  • 産地:山形県 JA庄内みどり 遊佐畑作部会
  • 特徴:山形県北部。鳥海山の伏流水が潤す農地で、土耕栽培したパプリカ。有機質肥料の施用と防虫ネットを利用した減農薬栽培。町内の畜産農家の堆肥を使い、循環型・環境保全型農業を追求。

▼赤いトマピーと緑のヌーベル(新潟産)54tomapy_nouvel

  • 産地:新潟県 新潟市グリーンファーマ
  • 特徴:茨城県で品種開発された日本生まれのパプリカ。赤い完熟果の糖度は10度以上になるので生食用、緑果「ヌーベル」は加熱調理用。
    ※茨城県筑西市の(株)ハイランドキャピタル青果担当、来栖さんから紹介されました。

|

« [元気料理おやじ流]秋レシピ③アンチエイジング | トップページ | 八百屋塾(8) ぶどう »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

八百屋塾」カテゴリの記事

野菜(果菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/49366069

この記事へのトラックバック一覧です: 八百屋塾(7) パプリカ:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/09/07 08:53) [ケノーベル エージェント]
筑西市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年9月 7日 (火) 08時53分

« [元気料理おやじ流]秋レシピ③アンチエイジング | トップページ | 八百屋塾(8) ぶどう »