« [元気料理おやじ流]秋レシピ⑥体脂肪の蓄積を防ぐ | トップページ | 向田邦子レシピ祭り »

2010年10月23日 (土)

奥三河 天狗茄子

02
よこはま青果塾の藤岡輝好委員長からのいただきもの。袋には大きななすと解説の紙が入っていました。長さ約22㎝、重さ約530g。「奥三河天狗茄子」です。

解説の紙によると

  • 生産地:愛知県北設楽郡JA愛知東管内(標高500~700m)
  • 栽培の歴史
    愛知県北設楽郡(旧・津具村)で、少なくとも戦中・戦後より栽培されている記録があり、長い間地元だけで消費されてきました。
  • 名前の由来
    自家採種のため奇形が多く、なかには天狗の鼻のように突起したものがあること。また、主産地である旧津具村には、古くから天狗伝説が言い伝えられていること。この2つのことから「奥三河天狗茄子」と名づけられました。
  • 奥三河天狗茄子の特徴
    1.大きい(1コ500g中心)
    2.果肉がとてもやわらかい
    3.どんな料理にも合い、料理のバリエーションが広い
    4.2007年1月、「あいちの伝統野菜」に認定される
  • 出荷期間:7月上旬~11月上旬(ピークは8月中旬~9月下旬)
  • 愛知伝統野菜の条件
    ・50年以上前から栽培されているもの
    ・現在でも種や苗があること
    ・愛知県に由来していること
    ・物種や生産物が入手できること

▼なすのシューズ風
02_2

この大きさをいかさなくちゃ、と思い、なすのシューズ風チーズ焼きを作ってみました。果肉をくりぬいて焼き、みじん切りのにんにく、たまねぎ、トマトを炒め、果肉を加えてさらに炒め、塩・こしょうとオレガノ少々。これをくりぬいたなすにのせ、チーズを振りかけて焼ました。
くりぬいて焼いたなすは、果肉の水分が多く果皮が柔らかいので、しっかりとした靴の形にはならず、布製の室内履きのような感じ。それでもできあがりの大きさは印象的ですし、自分でいうのも何ですが、味もなかなか。クセのない、素直な味のなすです。

|

« [元気料理おやじ流]秋レシピ⑥体脂肪の蓄積を防ぐ | トップページ | 向田邦子レシピ祭り »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

野菜(果菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/49831418

この記事へのトラックバック一覧です: 奥三河 天狗茄子:

« [元気料理おやじ流]秋レシピ⑥体脂肪の蓄積を防ぐ | トップページ | 向田邦子レシピ祭り »