« 奥三河 天狗茄子 | トップページ | 梨「楽山」 »

2010年10月24日 (日)

向田邦子レシピ祭り

01_6
新橋の、飲み屋さんが続いている通りの先のほうにある、「かすみ亭」というお店での一夕。料理上手なママは、実は飲食関係編集者。一人で切り盛りしています。カウンターには、野菜をたくさん使った気取らない料理が並んでいて、あれもこれも食べたくなります。でも、お料理といっしょにお酒もいただくので、つい飲み過ぎてしまうことが多い。気をつけているのですけれど…。

会員制ですが、お料理を紹介してよいという許可をもらいました。

Photo
私が行ったときは「向田邦子レシピ祭り」。向田さんのレシピをモトにしてますが、もちろんかすみ亭のお味になっています。

▼さつま揚げとほうれん草あえ
01_7

向田邦子さんのレシピから。このお料理、赤坂にあった向田さんのお店「ままや」でも、新橋にあった、ままやの流れをくむお店「向嶋」でも、メニューに見あたらなかったと思い、手もとにあったレシピブック『向田邦子の手料理』(講談社)を探してみたら載っていました。気がつかなかった。こんど作ってみよう。

▼セロリとちりめんじゃこ辛煮
01_8

向田さんのレシピでは、サラダなどに使ったセロリの残りの葉っぱを細かく刻んで作る、ごはんのおともです。これは葉っぱじゃないし、パプリカも入るので、ごはんのおともというより、立派な(ごはんのおともが立派じゃないということではなく)副菜というべきでしょうか。

▼さつまいものレモン煮
Photo_7

「ままや」でも「向嶋」でもよく頼みました。これは千葉県八千代産のさつまいもだそうです。「すごく大きくて、びっくりした」とママ。掘りたてをベランダで3日間乾して、料理したといいます。甘さ控えめのお芋で、あっさりした煮ものでした。

▼卵のウスターソース煮
01_9

『向田邦子の手料理』で、気になっていたレシピのひとつです。かたゆで卵を、ウスターソース+酢+ワイン(または日本酒)の漬け汁に2日間。すごくいい色になります。向田さんレシピは、ゆでた鶏レバーもいっしょに漬けますが、ここでは卵のみ。ソース好きにはたまらない味です。

▼きんぴら
Photo_8

ここからはかすみ亭のメニュー。きんぴらは必ず頼む定番のひとつです。

▼豚バラと里芋
Photo_9

この里芋は、岩手県北上市二子町の「二子いも」だそうです。栽培史約300年ともいわれる在来品種。テレビで取りあげられて里芋界のVIPになっているらしい。粘りと里芋らしい風味があり、さすがにVIPだけのことはありました。

▼らっきょう
Photo_10

これも、定番。

▼丸干し
Photo_11

こういうのを頼むから、お酒が進んじゃう。

▼ポテト焼き
01_10

ポテトの中には、さまざまな野菜がたくさん。お漬けもののような食感の具も入っていました。最後にいただくと、おなかがいっぱい、大満足。ごちそうさま!

|

« 奥三河 天狗茄子 | トップページ | 梨「楽山」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

どれもつまみにしたい料理の品々です。機会がありましたら 是非一度お邪魔したいです。

投稿: よこはま青果塾委員長 | 2010年10月25日 (月) 17時16分

■藤岡さん
はい、機会があったら、ぜひごいっしょしましょう。

投稿: クサマヒサコ | 2010年10月25日 (月) 18時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/49829212

この記事へのトラックバック一覧です: 向田邦子レシピ祭り:

« 奥三河 天狗茄子 | トップページ | 梨「楽山」 »