« 野菜の学校(4) 宝谷(ほうや)かぶ | トップページ | 野菜の学校(6) からとりいも »

2010年11月15日 (月)

野菜の学校(5) 田川かぶ

0401
山形県鶴岡市の少連寺という地区で、焼き畑で作られている「田川かぶ」。この地区で赤かぶの栽培が始まったのは、明治中期以降とか。当時は赤かぶの種を温海町温海川から毎年購入していたのですが、後にそのタネを自家採種し、選抜して「田川かぶ」と呼ばれる独特の形質をもったかぶを育成したといいます

「田川かぶ」は、漬けものを試食しました。が、撮影したのは漬けものが入っていた空き袋のみ。どんな姿で袋に入っていたのでしょうか。カメラにはトレイに盛ってあるところも入ってませんでした。残念。

「田川かぶ」の特徴は温海かぶに比べて、厚みが薄くて円錐形に近いことと、非常に濃い紫色をしていること。漬けもののパッケージに描かれているのが、きっと理想的な「田川かぶ」ですね。
002

|

« 野菜の学校(4) 宝谷(ほうや)かぶ | トップページ | 野菜の学校(6) からとりいも »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

野菜の学校」カテゴリの記事

野菜(根菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/50064635

この記事へのトラックバック一覧です: 野菜の学校(5) 田川かぶ:

« 野菜の学校(4) 宝谷(ほうや)かぶ | トップページ | 野菜の学校(6) からとりいも »