« ミュゼダグリ“cafe & study”種の話と亀戸大根 | トップページ | にっこ梨 »

2010年11月 7日 (日)

長野からきのこ

知人が長野の秋の味覚を送ってくださいました。箱を開けると、湿った山の土の匂いがします。きのこたちです。
01

スタッフと分けて、家に持ち帰りました。
●山のきのこ
▼ナラタケ
0403

このナラタケで思い出したのは、10月の八百屋塾。テーマはきのこで、講師はJA中野市の信州きのこマイスターの出川秀隆さんでした。出川さんによると、「世界最大の動植物は何か? 木か、クジラか、ゾウか?」という議論があったとき、権威のある自然科学誌『ネイチャー』に、ナラタケではないか、という論文が載ったといいます。なぜなら、ナラタケは根状菌糸束を山中に張り巡らせ、ひと山そっくり自分のDNA、ということがある。なるほど、そう考えると確かに世界最大でしょうね。
菌については、まだわからないことが多いそうです。

▼ムキタケ
0204

▼クリタケ
0503

毒のあるニガクリタケが話題になりましたが、これ▲は食べられます。

●栽培されているきのこ
▼白霊茸
0903

▼えのき茸
1202

▼エリンギ
1102

▼柿の木茸
0603

▼なめこ
0702

▼しいたけ
0802

▼ぶなしめじ
1004

これで10種類!
まず、いろいろきのこたっぷりと、大きくて肉厚の油揚げと合わせた「きのこうどん」。あと、素直に考えるなら「きのこ鍋」ですが、洋風のスープをトライ。定番の鶏肉とのシチューは、きのこの色が出てしまうかもしれないので、ベーコンとたまねぎを炒めて、そこにきのこをどっさり入れるフツーのスープ。これが美味でした。栽培したきのこだけの場合と特に違うと思ったのは香りです。

●箱に入っていたその他の野菜
▼ズッキーニ
1301

▼クレソン
1402

▼甘とう美人
1502

いつもお心にかけてくださいまして、ありがとうございます。

|

« ミュゼダグリ“cafe & study”種の話と亀戸大根 | トップページ | にっこ梨 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

野菜(きのこ)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは〜
いいですねぇ〜天然キノコ。天然キノコが加わると味も香りもさらにアップするからとても美味しくなりますよね!地方のスーパーには普通に売っているのかしら?うらやましいです。天然キノコは無理でも何軒かスーパーをハシゴして、キノコたっぷりスープ私も真似して今晩作りたいですhappy02

投稿: 松太郎ママ | 2010年11月10日 (水) 02時22分

■松太郎ママさん
そう、やっぱり栽培きのことは風味が違いますねぇ。
これは直売所から送ってくださったのです。パッケージに、山からとってきた人の名前がついていました。

投稿: クサマヒサコ | 2010年11月10日 (水) 12時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/49959423

この記事へのトラックバック一覧です: 長野からきのこ:

« ミュゼダグリ“cafe & study”種の話と亀戸大根 | トップページ | にっこ梨 »