« 野菜の学校(5) 加賀野菜のラスク | トップページ | 3月の陽子ファームから »

2011年3月13日 (日)

野菜の学校(6) 江戸の野菜菓子

S04001
[野菜の学校2010]最後の授業は特別プログラムです。修了式、記念講演とベジタブルパーティが開かれました。パーティのテーマは、今年度の流れにそって各地の伝統野菜のスイーツ。江戸東京は、向島「梅鉢屋」の野菜菓子にしました。

▼包み紙がいい
S0401_2

▼ふたを開けると野菜菓子
S0411

季節によって、野菜は変わります。入っていたのは

  • しょうが
  • なす
  • しいたけ
  • セロリ
  • だいこん
  • にんじん
  • れんこん
  • みかんの皮
  • ごぼう
  • 昆布など

▼箱に入っている紙もすてき
S0405

隅田川の桜のイメージかな。カットしてあるのは川波?

説明文を引用すると

  • 江戸銘菓 野菜菓子
    江戸、文化文政の頃、隅田川東岸向島の地は当時え座市民行楽の地で、名園や料亭等が数多く存在し、武士も町人もしばしの憩いを求めて隅田川を渡り、田園のなかに詩句を吟じ宴を催し、また神社仏閣に詣でストレスの解消に役立てました。
    野菜菓子はその時代「砂糖漬」という名で江戸の人々に愛好されたもので、蓮根、大根、人参、生姜、蜜柑、ごぼう、昆布等の野菜果物をそのまま材料として用い、自然の風味を生かした名菓です。
    梅鉢屋はこの伝統を継ぐ唯一の菓舗で、昔ながらの手作りで江戸の味を守り続けております。

|

« 野菜の学校(5) 加賀野菜のラスク | トップページ | 3月の陽子ファームから »

およばれ&パーティ」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

野菜のスイーツ」カテゴリの記事

野菜の学校」カテゴリの記事

野菜・果物の加工品」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/51179577

この記事へのトラックバック一覧です: 野菜の学校(6) 江戸の野菜菓子:

« 野菜の学校(5) 加賀野菜のラスク | トップページ | 3月の陽子ファームから »