« [野菜の学校](9) 熊本野菜 | トップページ | ハーブティー »

2011年4月20日 (水)

[野菜の学校](10) 食べくらべ

02

[野菜の学校]4月のテーマはひご野菜です。恒例「食べくらべ」は、ひご野菜「ひともじ」を中心に、広島産「わけぎ」、山形産「庄内あさつき」、埼玉産「わけねぎ」を食べくらべました。
▲写真は

1:ひともじ
A:広島産「わけぎ」
B:山形産「庄内あさつき」
C:埼玉産「わけねぎ」

それぞれについて、『野菜の博物誌』(八坂書房)の「野菜の名称」という章で、青葉高先生は、次のように書いています。

関東市場でアサツキと呼んでいるのはたいてい若いネギで、本来のアサツキは東北地方ではかなり栽培しているが、東京市場にはあまり出ない。また関東市場でワケギと呼んでいるのは分けつ性のネギ、ワケネギのことが多く、これは千葉県で苗を栽培し、埼玉、東京、千葉などで栽培している。本来のワケギはおもに冬から春に生産され、夏には葉が枯れて球を作る。しかしワケネギはネギなので夏も枯れない。園芸統計をみると、ワケギの栽培のもっとも多いのは広島県で、二位が千葉県になっている。しかし千葉県では本来のワケギはあまり栽培されていない。

わけぎは古くからねぎの中の一種とされてきましたが、DNAの研究から分球性のねぎと分球性のたまねぎとの雑種とわかりました。青葉高先生は、『日本の野菜』(八坂書房)で、「わけぎ」を「ねぎ」や「たまねぎ」と同じレベルの独立した項目として扱っています。

▼ひともじ(くまもと)
0104

昔、ねぎの名前は「き」と一文字だった。そこで、平安時代の宮中では「ひともじ」という優雅な名前で呼ばれたといいます。熊本の「ひともじ」は「本来のワケギ」であり、ねぎとは別物なのですが、これにねぎの古い呼称がついているのは、ねぎとわけぎが分けて認識されていなかったことを示しています。

▼わけぎ(広島)
A04

これが「本来のワケギ」で、「栽培が最も多い」広島県産。

▼庄内あさつき(山形)
Sb04

B01
上記「東北地方でかなり栽培している」という「本来のアサツキ」。

▼わけねぎ(埼玉)
Sc05_2

C01これが関東地方の「わけぎ」で、上記「関東市場でワケギと呼んでいるのは分けつ性のネギ、ワケネギのこと」。このパッケージには「わけねぎ」と書いてあります。

▼番外・あさつき(埼玉)
Sd04_2

D02
上記「関東市場でアサツキと呼んでいるのはたいてい若いネギ」とは、これです。

まあ、けっこうややこしい。

|

« [野菜の学校](9) 熊本野菜 | トップページ | ハーブティー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

野菜の学校」カテゴリの記事

野菜(葉菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

食べくらべ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/51458615

この記事へのトラックバック一覧です: [野菜の学校](10) 食べくらべ:

« [野菜の学校](9) 熊本野菜 | トップページ | ハーブティー »