« [野菜の学校](3) れんこん | トップページ | [野菜の学校](5) 水前寺せり »

2011年4月14日 (木)

[野菜の学校](4) 水前寺菜

S0306
[野菜の学校]4月のテーマはひご野菜です。

「水前寺菜」はもともと東南アジアの野菜で、沖縄や奄美大島では「ハンダマ」、加賀野菜では「金時草」、静岡産の「金時草」を見かけたこともあります。
土地が違うと、葉の柔らかさや香りの強さなど、ちょっと違いがあるような気もしますが、熊本ては通年穫れるので、シーズンによっては他の地方の金時草に変身して店先に並ぶそうです

以下は配付資料から

<プロフィール>

  • キク科の多年草、和名は水前寺草
  • 金時草(石川)、ハンダマ(沖縄)とも呼ぶ
  • 熱帯アジアから中国を経由して伝わったとされ、熊本へは1759年に京都から伝わったといわれる。表葉は緑、葉裏は紫赤
  • 生育適温は20~25℃。耐暑性に強く、夏は繁茂し、冬は5℃以下になると生育がとまり枯死する
  • 名の由来は、熱湯に入れると口当たりが水前寺のりに似ている、水前寺で栽培されていた、水前寺の茶会で茶花としてよく使われた、など
  • 江戸時代、平賀源内が名づけたといわれている
  • 熊本県では葦北町、玉名郡三加和町などで栽培されている

<栄養・効能>

  • カルシウム211mg、カロテン2450μg、鉄1.5mg
  • 葉の紫赤はポリフェノールを含み、抗酸化作用があるといわれる。紫色はアントシアニン

<基本調理法・料理例>

  • 生でサラダなどに
  • ゆでるとぬめりがでる。おひたし、酢味噌あえ、三杯酢、あえものなど
  • 炒めて使う。軸はシャキシャキする
  • 色を生かして炊き込みごはん、ゆで汁でうどんを作ることもできる
  • かき揚げやじぶ煮にして、ぬめりを生かした料理にする

<選び方・保存>

  • 選び方は葉の緑と紫が濃く鮮やかで、みずみずしいもの
  • 湿った新聞紙などに包み、ポリ袋へ入れて冷蔵庫で保存
  • 5~6月ごろ、茎がややかたくなった時期に4~5節きり、挿し木をすると収穫できるようになる

●水前寺菜のサラダ
S0202_2

水前寺菜は、生とゆでを混ぜ、夏みかん、晩白柚を散らしてドレッシングで和えたもの。ただ、生の葉っぱは大きくてゴワゴワしていて、特に葉柄の部分がかたかったのが残念。ドレッシングは、サラダオイル、米酢、柚子胡椒、薄口醤油。

|

« [野菜の学校](3) れんこん | トップページ | [野菜の学校](5) 水前寺せり »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

野菜の学校」カテゴリの記事

野菜(葉菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/51380564

この記事へのトラックバック一覧です: [野菜の学校](4) 水前寺菜:

« [野菜の学校](3) れんこん | トップページ | [野菜の学校](5) 水前寺せり »