« 八百屋塾(3) 野菜のパウンドケーキ | トップページ | ベジマルシェ通信 第3号 »

2011年4月 4日 (月)

絶対応援宣言

001
[野菜の学校2011]は4月スタート。これまでと違い、大澤敬之校長の開講の挨拶は被災した農家と農業の話でしたし、東京青果の方も市場への影響をお話しくださいました。
そんななかで、果菜里屋の高橋芳江さんから紹介され、元気が出たのは▲上の写真のこと

<絶対安全宣言>
北日本、東北、北関東、関東地方の農産物を生産している農家の皆様方へ

東京都中央卸売市場内の各団体組織及び組合員一同は、永年の感謝の思いを込めて被災地の皆様方の作られた農産物をこれからも一生懸命販売させていただくことを宣言いたします。

東京千住青果
東京北足立市場青果卸売協同組合
東京都青果物商業協同組合北足立支所
北足立青果連絡協議会

北千住の杉本青果をはじめとする八百屋さんたちが、風評被害を払拭し、被災地の農家を応援しようと宣言しました。これに、農林水産大臣から「謝辞」が届いたそうです。

002

[野菜の学校]でも、応援ムードが高まった(と思います)。北関東は、首都圏の大切な野菜畑。これから夏に向けて、きゅうりやトマトが届かなくなったらたいへんです。
とにかくあまりヒステリックにならずに行動しようと思います。

|

« 八百屋塾(3) 野菜のパウンドケーキ | トップページ | ベジマルシェ通信 第3号 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

野菜の学校」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

栃木県の大谷です。
野菜の学校でお世話になっております。
「放射性物質と野菜への影響について」資料をありがとうございます。
栃木県を始め、北関東産の野菜は風評により安値が続き農家はみんな困っています。
福島原発から約85~180km距離があって、
検査結果が基準値以下でも心配ですか?
安全なのに、どうしたら安心してもらえるのでしょうか。

投稿: 大谷 | 2011年4月 7日 (木) 23時08分

■大谷さん
風評被害って、ホントにどうしたらいいのでしょう。
ちょっと考えればわかることなんだけど、みんなあまりちゃんと考えたくないし、考えたつもりになっている。理屈じゃないから、正しい説明をしても効果はない……などと言ってみても解決にはならず、ひとり歩きしていく噂とその影響には、ただ無力を感じます。
この「絶対応援宣言」は北足立の八百屋さんたちが出したものですが、今日、東京都青果物商業協同組合という東京の八百屋さんの組合全体が、被災地の農家を応援する取り組みを始めました。効果があることを祈っています。

投稿: クサマヒサコ | 2011年4月 8日 (金) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/51300273

この記事へのトラックバック一覧です: 絶対応援宣言:

« 八百屋塾(3) 野菜のパウンドケーキ | トップページ | ベジマルシェ通信 第3号 »