« 宴の野菜度004 自由が丘「ヴィコレット」 | トップページ | ランチの野菜度-083 小川町「サブウェイ野菜カフェ」 »

2011年6月 9日 (木)

赤そらまめ

3
赤坂アークヒルズ2階の八百屋さん「ベジマルシェ」で売っていました。福岡産の赤そらまめです。

ネットでみてみたら、タネ屋さんのサイトで「越前赤そらまめ」のタネ「売り切れ」というのと、それから「赤そらまめごはん」の記事がたくさんありました。
確かに赤そらまめを皮ごと炊き込みごはんにすると、赤い色が出て、お赤飯のようになるだろうと思う。だけど、私が買った赤そらまめは、赤い果皮がけっこうしっかりしていたから、むかないと食べられないんじゃないかな。炊きたてごはんに入っている、熱あつの赤そらまめの皮をむきつつごはんを食べるのは、なかなかむずかしい芸当のような気がする。

▼ベジマルシェの包装に入った赤そらまめ
1_2

▼見たところはフツーのそらまめ
2

▼外皮をむくと赤、というよりえんじ色6

▼赤い皮をむいた可食部分は薄い黄緑色のグラデーション
4

▼ゆで汁はこんな色
7

△ごはんに炊き込むとお赤飯だね、確かに。

▼ゆでた赤そらまめ
8

△右の果皮はほとんど黒に見えます。左は皮をむいたところ。くすんだ緑色です。生のときは白いので、皮の色で染まってしまうのね。

食べると意外に独特の匂いは薄く、ホクホクしておいしかった。

|

« 宴の野菜度004 自由が丘「ヴィコレット」 | トップページ | ランチの野菜度-083 小川町「サブウェイ野菜カフェ」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

野菜(果菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/51891601

この記事へのトラックバック一覧です: 赤そらまめ:

« 宴の野菜度004 自由が丘「ヴィコレット」 | トップページ | ランチの野菜度-083 小川町「サブウェイ野菜カフェ」 »