« グリーンウェーブ | トップページ | ロッソナポリタン »

2011年8月 5日 (金)

宴の野菜度009 六本木「六本木農園」

1

・納涼食事会
・お酒(ワイン)を含め一人7,000円
・旬をまるごと満喫コース5,200円
・野菜度=★★★★☆

◇[野菜の学校]のスタッフとの納涼食事会。「六本木農園」はオープンした時から、食事会の候補店にあがっていたのですが、やっと実現。最近マスコミにも登場して、話題になっています。
◇お料理の一つ一つに語るべきことがある、上手なメニューづくりに感心しました。

▼ひとくちドリンク
1_2

冷たい甘酒。大分県佐伯市で320年続くという「糀屋本店」の甘酒。糀屋さんの本を見せてくれました。流行の塩麹を仕掛けてるのは、このあたり?

▼農家さんの“ウェルカムベジタブル”
1_3

2_2
当日の野菜は赤キャベツ、フリルレタス、きゅうり、トマト、二十日大根、パプリカ、とうもろこし、枝豆

▽ディップ
1_4

左からバジルヨーグルトディップ、バーニャカウダソース、塩

▼夏野菜のお総菜3品
1_5

▽トマトの豆富
1_6

シンディ(トマト)と豆乳を合わせて作ったといいます。その作り方に話題集中。でも、これ、ゼラチン使っているかも。

▽花ズッキーニの天ぷら
1_8

▽〆スズキと加賀太の海藻サラダ
1_7

▼夏野菜のチカラを味わう2品
1_9

パプリカのガスパチョ(右上)と完熟長芋のグリル(左下)

▼みやじ豚の燻しチャーシューと夏野菜バーベキュー
1_10

2_3

▽野菜はズッキーニ、かぼちゃ、ししとう、ヤングコーン、パプリカ
3_2

▽福井県産和がらしと特製スパイス塩1_11

▼稚鮎とみょうがの炊き込みごはん
1_12

▽ごはん(左)・手摘みじゅんさいと冬瓜のお吸いもの(右)
2_4

▼青じそジェラートと古代米&雑穀の冷やしぜんざい
1_13

◇夏野菜がたくさん使われていましたので★★★★。秋になったら、どんな料理になるのかな。また来てみよう。

|

« グリーンウェーブ | トップページ | ロッソナポリタン »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

レストラン」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/52521141

この記事へのトラックバック一覧です: 宴の野菜度009 六本木「六本木農園」:

« グリーンウェーブ | トップページ | ロッソナポリタン »