« [野菜の学校](13) なすの食べくらべ | トップページ | 「クイーンニーナ」という新しいぶどう »

2011年9月30日 (金)

「秋麗」という新しい梨

2

8月末に大田市場の会議室で開かれた、果樹研究所のフルーツセミナー「ニホンナシの品種開発最前線」。フォーカスされたのは「秋麗」という青なしでした。

会場に並んだのは熊本産の「秋麗」。さびが出て、「麗しい」というネーミングからはちょっと遠い姿ですが、これは袋をかけないで栽培したからだそうです。袋をかければさびは抑えられて麗しい青なしになります。ただし、糖度が2%程度低くなる。姿をとるか、甘さをとるか…。
甘いということを知っていれば、姿が悪くても買うかもしれないけれど…。たとえばデコポンの本名は「不知火」ですが、よく知られている名前は「デコポン」。この「秋麗」も、ネーミングしだいで、人気者になる可能性はあります。

いま、日本なし生産は、幸水40%、豊水27%。この2品種で約70%を占めています。そこで新しい品種の開発が待たれており、「秋麗」もその一つなのだそうです。

交配親は「幸水」×「筑水」でどちらも赤なしなのに、誕生した「秋麗」は青なしというところが、自然の不思議。

秋麗の糖度13%という数値は、青なしのなかでは最も甘いのだそうですが、食べてみると赤なしを含めた日本なし全体のなかでも、すごく甘いほうではないかという印象を持ちました。なしはこんなに甘い必要があるのだろうか。

以下、展示されていたなし。※解説は配付資料より抜粋
▼幸水
2_2

1959年発表。菊水×早生幸蔵。関東で8月中下旬に成熟する。現在シェアの80%を占める。秋麗の母親。

▼筑水
1_3

1988年登録。豊水×八幸。関東で8月上旬に成熟する。秋麗の父親。

▼長十郎
2_3

1893年、神奈川県で発見された。20世紀前半の全盛期には80%のシェアがあったとされる。現在は0.7%。

▼二十世紀
2_4

1888年、千葉県で発見された。1920年代から栽培が急増し、70年代まで長十郎との二大品種時代を築いた。現在のシェアは9%。

▼なつしずく

2_5
2007年登録。平塚25号(幸水×菊水)×筑水。8月上旬に成熟する。大分県で栽培が増えている。

▼ツクシイヌナシ
2_6
ニホンナシの祖先種とされるヤマナシの一種。

▼ホクシマメナシ
1_4
中国原産。食用には適さず、台木に用いられる。

|

« [野菜の学校](13) なすの食べくらべ | トップページ | 「クイーンニーナ」という新しいぶどう »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

果物(梨・りんごなど)」カテゴリの記事

青果イベント」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

クサマさん、こんばんは!
先日はいろいろとありがとうございましたm(__)m
私は梨が大好物なんですが、甘味や酸味がバランスの良いほうが私は好きですhappy01あと歯ごたえが良いと最高なんですが、なかなか美味しい梨に出会えないですね…
秋麗という梨は甘味がけっこうありそうですが、梨好きとしてはぜひ食べてみたいですねlovely

投稿: 松太郎ママ | 2011年10月17日 (月) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/52973283

この記事へのトラックバック一覧です: 「秋麗」という新しい梨:

« [野菜の学校](13) なすの食べくらべ | トップページ | 「クイーンニーナ」という新しいぶどう »