« 「秋麗」という新しい梨 | トップページ | ランチの野菜度-090 長野県山ノ内町「出張八百屋塾のランチ」 »

2011年10月 1日 (土)

「クイーンニーナ」という新しいぶどう

1_5_1


秋はくだものの季節。新しい品種も実ります。
9月に開かれた第6回果樹研究所フルーツセミナーでは、「大粒ブドウ品種の過去と未来」という講演と、大粒で甘さがあふれる赤ブドウ「クイーンニーナ」の試食が行われました。

1_4

講演では、ブドウの原産地、世界の生産、品種などのプロフィール、日本で巨峰が生まれるまでのプロセス、今後の展望に続き、クイーンニーナが紹介されました。

  • 日本における1982年と2008年の栽培状況を比較すると、82年のトップはデラウェア(35%)、次にキャンベル(19%)、続いて巨峰(18%)とバラエティがあったが、2008年には巨峰(35%)とピオーネ(14%)だけで生産面積の半数を占めており、これらとは外観や食味の異なる品種が求められていた。
  • 「クイーンニーナ」は、果皮が赤色をした大粒の新品種。「安芸津20号」と「安芸クイーン」を交配して生まれたもので、「巨峰」や「ピオーネ」よりやや遅い時期に収穫でき、栽培によって種なしにもなる。
  • 粒の大きさは17gと大粒。糖度は、「巨峰」、「ピオーネ」より高く、酸含量は少なめ。「巨峰」、「ピオーネ」より果肉が硬くて食感にすぐれ、香りもよいぶどう。
  • 「クイーンニーナ」の「クイーン」は「安芸クイーン」から、「ニーナ」は旧系統名「安芸津27号」の「27」から。スペイン語で女の子を意味する「NINA(ニーニャ)」にちなんで、「クイーンニーナ」と命名。

赤系どうしで「ゴルビー」と食べくらべました。「クイーンニーナ」は確かに甘い。「甘すぎて、一房食べられない」という人もいました。
桃の「つきあかり」、梨の「秋麗」、今回のぶどう「クイーンニーナ」と、このところ出合う新品種はみな甘い。必ず「甘すぎる」という意見が出る。くだものは何になりたいのだろう。スイーツ? ジャンクフード?

※以下、解説は配付資料から
▼クイーンニーナ(東広島市 果樹研ブドウ・カキ研究拠点産)2

  • 一粒17g程度、肉質はかみ切りやすく、硬い
  • 糖度22%、酸含量0.4g/100ml程度、フォクシー香
  • ジベレリン処理によりタネなし栽培が可能
  • 果樹研育成、品種登録2011年3月
  • 交雑親:安芸津20号×安芸クイーン
  • 2010年秋より苗木販売開始

▼ゴルビー(山梨県産)
1

2_2

  • 一粒15~16g
  • 糖度20~21%前後、多汁、フォクシー香
  • ジベレリン処理によりタネなし栽培が可能
  • 植原葡萄研究所1983年栽培
  • 交雑親:レッドクイーン×伊豆錦3号

▼巨峰
1_2

  • 一粒12g程度、果肉は崩壊性と塊状の中間
  • 糖度18%以上、酸含量0.5g/100ml程度、フォクシー香
  • 大井上康氏が1937年ごろに、「石原早生」(「キャンベルアーリー」の4倍体)に「センテニアル」(「ロザキ」の4倍体)を交雑して、1945年ごろに発表
  • 品種別の生産量は日本一
  • 主産地:長野県、山梨県、福岡県など

▼安芸クイーン
1_3

  • 一粒13g程度、果肉は崩壊性と塊状の中間
  • 糖度18~20%、酸含量0.4g/100ml、フォクシー香
  • 果樹研が「巨峰」の自殖実生から選抜し、1993年に品種登録
  • 主産地は岡山県、三重県、山形県、広島県

|

« 「秋麗」という新しい梨 | トップページ | ランチの野菜度-090 長野県山ノ内町「出張八百屋塾のランチ」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

果物(柿・ぶどう・その他)」カテゴリの記事

青果イベント」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/52973536

この記事へのトラックバック一覧です: 「クイーンニーナ」という新しいぶどう:

« 「秋麗」という新しい梨 | トップページ | ランチの野菜度-090 長野県山ノ内町「出張八百屋塾のランチ」 »