« 八百屋塾 (1) かぶ | トップページ | 八百屋塾 (3)花作(はなつくり)大根 »

2012年1月13日 (金)

八百屋塾 (2) かぶ(続)

1_2

昨年12月の[八百屋塾]のテーマ野菜、かぶの続き。

色かぶのいろいろです。
▼黄かぶ(静岡)
1_3

2_2
西洋種のかぶ。果肉はかたい。私はスープに入れていただきます。

▼ルタバガ
1_4
これも西洋種。飼料にも使われるかぶで、戦争中、何もなくなったときに食べたので、今も嫌いな人がいるという。日本のかぼちゃやさつまいもみたいな存在らしい。

▼藤沢かぶ(山形)
1_5
焼き畑で作られているかぶで庄内在来作物のVIP的な存在。デパートのイベントで見つけたり、知人にいただいたりして、東京にいながら親しみがもてるのでうれしい。

▼最上かぶ(山形)
1_6山形県は大きく4つの地域に分かれていて、作物や食文化も違うといいます。これは最上地方のかぶ。昨年の在来作物研究会フォーラムは最上の伝承野菜がテーマで、いろいろなかぶが登場したらしい。もちろん最上かぶも。

日野菜(滋賀)
1_7

京都のお漬けものに使われて、今や全国区のかぶ。江戸時代、日野の薬商人はこのタネを全国に広めました。上記最上かぶも日野菜の変種ではないか、と『くらしを彩る近江の漬けもの』(滋賀の食事文化研究会編・サンライズ出版)にあります。

▼余呉の山かぶ
2_3
野菜の学校にも登場した滋賀のかぶ。焼き畑で作られています。迫力のあるワイルドなお姿。

▼紅かぶ(青森)
1_8

2_4
青森県人いわく「かぶといえば紅。世の中に白いかぶがあることなど知らなかった」。大げさかもしれないけれど、青森ではそのくらい紅かぶがフツーのものなのだそうだ。

▼愛真紅3号(武蔵野種苗園)
31
愛真紅3号は葉柄の色が真っ赤なタイプ。資料には、このほかに葉柄が緑色のタイプ(愛真紅1号)も出ていました。1号は秋まきから春巻きで漬けもの特に浅漬けに、3号は秋まきが主力で漬けものに向いている、という解説があり、かぶの開発が栽培方法や用途によってきめ細かくフォーカスされていることがわかります。

▼あやめ雪
2_5

3
サカタのタネの美しい小かぶ。サラダでもいただけます。

|

« 八百屋塾 (1) かぶ | トップページ | 八百屋塾 (3)花作(はなつくり)大根 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

八百屋塾」カテゴリの記事

野菜(根菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/53820924

この記事へのトラックバック一覧です: 八百屋塾 (2) かぶ(続):

« 八百屋塾 (1) かぶ | トップページ | 八百屋塾 (3)花作(はなつくり)大根 »