« [野菜の学校](8) 番外 鹿児島の紫山芋 | トップページ | いちごとパンを合わせて »

2012年2月19日 (日)

魔法の7色野菜

7_2

サブタイトルも入れると「病気にならない 魔法の7色野菜」。へーえ。「○○に効く」と言ってはいけないけれど、「病気にならない」はセーフなんですね。

神奈川県立保健福祉大学教授中村丁次先生監修です。
表紙の写真の中に、「フィトケミカルで体イキイキ!」と書いてあるように、色-フィトケミカルで野菜を分けて紹介しています。

  • 赤系フィトケミカル=リコピン・カプサイシン
  • 橙系フィトケミカル=プロビタミンA・ゼアキサンチン
  • 黄系フィトケミカル=フラボノイド・ルテイン
  • 緑系フィトケミカル=クロロフィル
  • 紫系フィトケミカル=アントシアニン
  • 黒系フィトケミカル=クロロゲン酸・カテキン
  • 白系フィトケミカル=イソチオシアネート・硫化アリル

パラパラと見ていたら、目に飛び込んできたフレーズ

本書では、野菜の持つ可能性を考え「科学的な研究に基づく西洋医学的な考え」と「中医学的な考え」の両方を「期待できる効果」として紹介しています。

なるほどね。可能性というのはいい言葉です。

■病気にならない 魔法の7色野菜
監修:中村丁次 神奈川県立保健福祉大学教授
定価:1300円+税
発行:法研

|

« [野菜の学校](8) 番外 鹿児島の紫山芋 | トップページ | いちごとパンを合わせて »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/54025161

この記事へのトラックバック一覧です: 魔法の7色野菜:

« [野菜の学校](8) 番外 鹿児島の紫山芋 | トップページ | いちごとパンを合わせて »