« [野菜の学校](6) 京いも | トップページ | [野菜の学校](8) 番外 鹿児島の紫山芋 »

2012年2月16日 (木)

[野菜の学校](7) 食べくらべは京いも

[野菜の学校]2月のテーマは宮崎野菜です。1
親芋を食べる「京いも」を中心に、親子兼用の「八つ頭」「セレベス」、親子兼用「唐芋」の子芋「海老芋」を食べくらべました。写真は左から「京いも」「海老芋」「セレベス」「八つ頭」。

それぞれ違いはあるのですが、それをどう表現するかがむずかしい、といつも思います。
匂いは…というと、そもそもそれほど強い匂いはなく、蒸されたお芋の匂いを感じる程度。食味には違いがあり、甘さを感じたものがありましたが、どれだったか記憶から消えている。皮のむきやすさでくらべると京いもがいちばん。
いちばん違うのは見た目と、舌触り、歯触りです。京いもは歯にあたってホロリとくずれます。もちもち感があり、芯はしっかりしている。セレベスと京いもは似ている。八つ頭は身が締まっていて緻密です。海老芋は家に持ち帰って蒸してみたら、大きさの割に火の通りが早かった。ということは肉質もそうとう違うはずですが、はっきりした印象をとらえるのがむずかしかった。

▼京いも(宮崎)
2

▼海老芋(静岡)
1_2

▼セレベス(千葉)
2_2

▼八つ頭(埼玉)
1_3

|

« [野菜の学校](6) 京いも | トップページ | [野菜の学校](8) 番外 鹿児島の紫山芋 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

野菜の学校」カテゴリの記事

野菜(根菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

食べくらべ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/53995905

この記事へのトラックバック一覧です: [野菜の学校](7) 食べくらべは京いも:

« [野菜の学校](6) 京いも | トップページ | [野菜の学校](8) 番外 鹿児島の紫山芋 »