« ベジマルシェ通信 第13号 | トップページ | 宴の野菜度028 赤坂「オステルリースズキ」 »

2012年2月 3日 (金)

かんきつとパンで

1

フードコーディネーター領家彰子さんにお願いして、くだもの屋さんの機関誌のために、フルーツ料理のレシピを作ってもらいました。
条件は3つ。

  1. できだけ簡単に作れること
  2. たいていのお宅にある食材を使うこと
  3. あまり甘くしないこと

2月は、中晩柑の季節のためのかんきつクッキング3種です。
料理の写真は、いずれも「天草」を使っています。「天草」のような果皮の薄いタイプなら、まるごとお湯で洗ってカット。「はれひめ」のようなむきやすいタイプは、皮をむいて使います。レシピのリキュールは、コアントローやブランデーなど、お好みで。
▼天草
2

▼はれひめ
2_4

かんきつが香るさわやかなトースト。
■かんきつトースト
2_3

  1. 果皮が薄いタイプのかんきつを使い、皮つきのままお湯でよく洗って横5mm幅の輪切り。
  2. 食パンの片面にバターを塗り、1をのせる。あればリキュールをふり、好みで粗びきこしょうをふる。
  3. 2をオーブントースターに入れ、3分ほど焼く。こんがりと焼き色がついたらできあがり。

クリームチーズを使いリキュールをふった、ちょっとおとなの味。
■かんきつサンド
A2

  1. 果皮が薄いタイプのかんきつはまるごとお湯でよく洗い、横5mm幅の輪切りにして、皮を取り除く(好みで皮をつけたままでもよい)。果皮がむきやすいタイプのかんきつは皮をむき、1房ずつ袋(じょうのう)をむく。あればリキュールをふる。
  2. 食パン4枚の片面にクリームチーズを薄くのばしながら塗る。
  3. 2の食パン2枚を並べ、1を並べる。このとき、好みで粗びきこしょうをふる。残りの食パン2枚はクリームチーズを塗った面を下にしてかぶせる。
  4. パン切りナイフで3のサンドイッチを軽く押さえ、ナイフを大きく動かしながら耳を切り落とす。食べやすい大きさに切り分け、皿に盛る。

かんきつサンド」の食パンを2枚切りに変えたバリエーション。
■かんきつサンド・ピタパン風
B2

  1. 「2枚切りの食パンはそれぞれ半分に切り、切った面に切り目を入れる。
  2. クリームチーズを塗り、好みで粗びきこしょうをふって、1を差し込む。

|

« ベジマルシェ通信 第13号 | トップページ | 宴の野菜度028 赤坂「オステルリースズキ」 »

クサマ&なかまの仕事」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

レシピ」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

果物(柑橘)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/53890364

この記事へのトラックバック一覧です: かんきつとパンで:

« ベジマルシェ通信 第13号 | トップページ | 宴の野菜度028 赤坂「オステルリースズキ」 »