« 1月の八百屋塾 (4) いちご「栃木i27」 | トップページ | ベジマルシェ通信 第13号 »

2012年2月 1日 (水)

野さし草(やさしそう)

1_9

ベジマルシェを運営している、デザイナーフーズ(株)の丹羽真清社長にいただいたパンです。「ジャパン」ならぬ「地ぱん」というダジャレのブランド。野草酵母使用フルーツナッツブレッドだから「野さし草」で「やさしそう」と読むのですから、こういうことば遊びがお好きなんですね、きっと。

2_2

以下は、包装紙というか帯に書いてあったこと

滋養栄養にとむ核種野菜で酵素飲料を作り、それをベースにパン用酵母を作りました。国産小麦、海水塩、野菜酵母で生地を作り、レーズン、クルミ、デーン、黒ごまをできるだけ多く練り込み、時間をかけてじっくりしっかり焼き上げました。

できるだけ薄くスライスし、そのままで、またはかるーくトーストしてお召し上がりください。

■酵母原液の原料

  • 野生植物:ドクダミ、ヨモギ、オオバコ葉、クコ葉、カワラケツメイ、エビス草、カキドオシ、アマチャヅル、忍冬、タンポポ、ツユクサ、クマザサ、赤目柏、レイシ他
  • 野生果物:ヤマブドウ、アケビなど
  • 野菜・果物:無農薬野菜、果物など
  • 穀物・海藻類:貝化石、しいたけ、樹液

■生産地: 日本

  • アレルゲン: 小麦
  • 原材料: 小麦粉、レーズン、黒ゴマ、クルミ、デーツ、野草酵素、アップルジュース、グレープジュース、塩(海の精)

3_2

ホームページをみたら、地ぱんについて解説がありました。

■地ぱんの「ヂ・ジ」は

  • 土地・大地・地球の「地」
  • 滋養の「滋」
  • 自分の「自」
  • 時間の「時」

■地ぱんの特徴

  • 日本の食文化の継承 日本で昔から食べ継がれた素材やその組み合わせに目を向け、その知恵を生かしています。
  • 穀物の精 穀物の栄養素(ミネラル・食物繊維)が特に多く含まれている外皮に近い部分を穀物の命と考え、大切にしています。このことにより、穀物本来の風味が活きています。
  • 素材の滋養 穀物以外の素材も、その栄養と特徴を活かせるように配分してあります。バランスよく配合された素材が互いに高め合うことで、「地ぱん」は完成するのです。

4_2

という、志の高いパンなのです。薄くスライスしてトーストしていただきました。「野草酵母」とはいかなるものか??と思ったのですが、さくさくした食感で、黒ごまが香ばしく、なかなか美味でした。

|

« 1月の八百屋塾 (4) いちご「栃木i27」 | トップページ | ベジマルシェ通信 第13号 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

野菜・果物の加工品」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/53883639

この記事へのトラックバック一覧です: 野さし草(やさしそう):

« 1月の八百屋塾 (4) いちご「栃木i27」 | トップページ | ベジマルシェ通信 第13号 »