« [野菜の学校](6) 佐々木壽先生の講演 | トップページ | 宴の野菜度034 神田「いぬ居」 »

2012年3月21日 (水)

東北ダイコン風土誌

03
3月の[野菜の学校]で記念講演をしてくださった、だいこんの佐々木壽先生。昨年夏に、『東北ダイコン風土誌』というご本を出版されました。

01_2

以下は帯のウラのほうにあるフレーズ

  • ダイコンは神聖な野菜であり、不思議がいっぱい!
  • 日本と世界のいろいろなダイコン、なんと日本には800種以上も!
  • 地ダイコンが語る東北の食文化と民族の世界!
  • 東北の人と自然、風土が育んできた個性豊かな地ダイコンには?
  • 東北の地ダイコンは地域史の証、人々の歩みと地ダイコン!
  • 東北の地域活性化のチャンス、教材としての教育効果とは?
  • 地ダイコンは人類のかけがえのない遺伝資源であり、食の文化遺産!
  • 地ダイコンから東北の明日を読む、ふるさと東北の再生のために!!

というような面白いお話がいっぱい載っています。私が野菜に惹かれるのは、こういう世界があるからです。

巻頭のカラー写真を見ていたら、あれ、この方、見たことがある。八百屋塾へいらした、山形の農家のかただ。あのときは、「肘折かぶ」の生産者としていらっしゃいましたが、本の写真には「肘折り大根」の生産者、とあります。かぶとだいこん、両方つくっているんですね。
ほかにも山形の「野良だいこん」「小真木だいこん」「花作だいこん」、宮城の「小瀬菜だいこん」、以前に会津で見たことがある「あざきだいこん」も出ています。なんだか親しみをもっちゃうな。

■東北ダイコン風土誌
佐々木壽著
東北出版企画
定価2,625円(税込)

|

« [野菜の学校](6) 佐々木壽先生の講演 | トップページ | 宴の野菜度034 神田「いぬ居」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

野菜の学校」カテゴリの記事

野菜(根菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/54264845

この記事へのトラックバック一覧です: 東北ダイコン風土誌:

« [野菜の学校](6) 佐々木壽先生の講演 | トップページ | 宴の野菜度034 神田「いぬ居」 »