« 「太陽5号」というりんご | トップページ | 春紅玉 »

2012年3月28日 (水)

「旭(マッキントッシュ)」というりんご

3

青森の江渡茂彦さんが送ってくださったりんごです。日本名「旭」、英名「マッキントッシュ」。アップルコンピュータのシンボルはこのりんごだそうです。

1_2

江渡さんのメモ

先週、北海道余市で買い求めた「旭(マッキントッシュ)」です。宇宙飛行士毛利さんがもっていったりんごで、マッキントッシュ・コンピューターのマークになっていることでも有名です。
今まで保存しても身は白く、クリーミーで食べられます。
香りがとてもよく、アメリカ、カナダではとてもポピュラーで交配親によく使われます。
余市と旭川でわずかに栽培されています。
余市町 本間商店

2

りんごのサイト「青い森の片隅から」によると

  • カナダのJohn McIntosh氏(1777~1846年)によって偶発実生から発見され、McIntosh red と名づけられた世界的品種
  • 日本でも知られるようになったのは、1890(明治23)年に、カナダのギップ氏によって札幌農学校に寄贈されたのが始まり
  • 日本では、1892(明治25)年に「旭」と命名
  • 成熟は9月下旬
  • 寒地に適しており、北海道産は青森産よりよいといわれるほど

4_3

そうか、成熟が9月下旬ということは、今回やってきたマッキントッシュは収穫してから4か月は経ってる! そのせいか、やわらかくなっており、とても傷つきやすい。圧されたところが黒ずんでいます。切ると現れる果肉の白さが印象的。味はちょっとボケてしまっているようですが、香りが高く、北米で今でも人気がある理由がわかります。
この食感、クリーミーというのね、なるほど。
1個200g弱。

|

« 「太陽5号」というりんご | トップページ | 春紅玉 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

果物(梨・りんごなど)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/54329733

この記事へのトラックバック一覧です: 「旭(マッキントッシュ)」というりんご:

« 「太陽5号」というりんご | トップページ | 春紅玉 »