« [野菜の学校](8) 大平農園のまな | トップページ | [野菜の学校](10) アブラナ科とう立ち菜パレード »

2012年4月18日 (水)

[野菜の学校](9) しんとり菜

1_3

クセがなさすぎる(?)からだろうか。しんとり菜は江戸東京野菜の一つなのに、忘れられがちです。炒めたり、煮たり、使い勝手はいいので、もっとちゃんとおつきあいしてみようと思っています。

2_2

以下は、江戸東京・伝統野菜研究会代表大竹道茂先生が執筆された記事の抜粋

  • 「唐菜( 唐人菜)」「ちりめん白菜」などと呼ばれていたアブラナ科の野菜。
  • 若採りし、芯の部分を摘みとって吸い物などに利用されたことから、「しんとり菜」と呼ばれている。
  • クセがなく火を通しても歯ざわりがよいので、中国野菜が出回る以前には中華料理の炒め物やスープの具として使われていた。
  • 主な栽培地は江戸川区で、昭和40年代から栽培が始まる。宅地化が進み生産は減少しているが、現在も主産地。

3_2

▼おひたしで試食しました
4

 

|

« [野菜の学校](8) 大平農園のまな | トップページ | [野菜の学校](10) アブラナ科とう立ち菜パレード »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

江戸・東京野菜」カテゴリの記事

野菜の学校」カテゴリの記事

野菜(葉菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/54618654

この記事へのトラックバック一覧です: [野菜の学校](9) しんとり菜:

« [野菜の学校](8) 大平農園のまな | トップページ | [野菜の学校](10) アブラナ科とう立ち菜パレード »