« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

柿沢安耶さんの「野菜ごはん」

_0001
<食生活ジャーナリストの会>総会で、久しぶりにお目にかかった編集者のかたが送ってくださいました。野菜スイーツで有名な柿沢安耶さんが作る「カラフルベジフル 野菜ごはん」。

続きを読む "柿沢安耶さんの「野菜ごはん」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月29日 (日)

Farm to Wellnessセミナー(続)

1

外食産業を顧客にもつ青果卸、デリカグループが主催した「Farm to Wellnessセミナー」。休み時間のロビーでは、デリカグループのショールームである赤坂ベジマルシェと同じように、★の数が違うトマトの食べくらべが行われていました。

続きを読む "Farm to Wellnessセミナー(続)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月28日 (土)

Farm to Wellnessセミナー

1_3

私たちが制作のお手伝いをしている「ベジマルシェ通信couleurs(クルール)」でも案内した“Farm to Wellnessセミナー”に行ってきました。野菜のチカラでヒトを健康にし、農業を健康にし、ひいては国を健康にしよう、というコンセプトに貫かれたセミナーです。
▲入り口に飾られていた野菜

続きを読む "Farm to Wellnessセミナー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月27日 (金)

ケール

1_2
赤坂アークヒルズ2階の八百屋さんで開かれている「ベジマルシェセミナー」で出会ったケール。別のイベントのおみやげにいただきました。

続きを読む "ケール"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月26日 (木)

「ほれっ娘(こ)」またの名「黄金清見」

2_3

赤坂アークヒルズ2階の八百屋さん「ベジマルシェ」が月替わりのテーマで開いている野菜のセミナー。カロリー栄養学ではなく、分子栄養学で考える点が興味深く、野菜仲間と通っています。今月のテーマは「ミネラルバランス」でした。講義もさることながら、お話の合間に旬の野菜が簡単な調理法で試食できるのも魅力です。その最後に登場したのが、この「ほれっ娘」というかんきつ。

続きを読む "「ほれっ娘(こ)」またの名「黄金清見」"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年4月25日 (水)

黒豆茶

1

赤坂アークヒルズ2階の八百屋さん「ベジマルシェ」で開かれているセミナーは、新しい栄養学と健康の話を聞き、旬の野菜を味わう勉強会です。4月の講座で最初に出てきたのが、これ。「黒豆茶」といいます。このお茶の色はなんだろう。すごくチカラがありそうだ。

続きを読む "黒豆茶"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月24日 (火)

おいしい“50℃洗い”のすすめ

50

スチーミング調理技術研究会の平山一政さんがお作りになった冊子です。

続きを読む "おいしい“50℃洗い”のすすめ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月23日 (月)

津之香

2
ブログネタとしていただいたのに、しばらく落ち着いてまとめることができませんでした。提供してくださったのは、よこはま青果塾の藤岡輝好委員長。ごめんなさい。

続きを読む "津之香"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月22日 (日)

宴の野菜度036 丸ビル「モナリザ」

1

  • 野菜の仲間と
  • 約10000円
  • コース(6800円)+ワイン
  • 野菜度=★★★☆☆

続きを読む "宴の野菜度036 丸ビル「モナリザ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月19日 (木)

[野菜の学校](10) アブラナ科とう立ち菜パレード

1_26

4月の[野菜の学校]は江戸東京伝統野菜がテーマで、食べくらべは「のらぼう菜」を中心にアブラナ科のとう立ち菜。野菜調達係の果菜里屋のヨシエさんはいろいろ集めてくれました。
▲写真は食べくらべのトレー。左から「のらぼう菜」「かき菜」「菜の花」

続きを読む "[野菜の学校](10) アブラナ科とう立ち菜パレード"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月18日 (水)

[野菜の学校](9) しんとり菜

1_3

クセがなさすぎる(?)からだろうか。しんとり菜は江戸東京野菜の一つなのに、忘れられがちです。炒めたり、煮たり、使い勝手はいいので、もっとちゃんとおつきあいしてみようと思っています。

続きを読む "[野菜の学校](9) しんとり菜"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月17日 (火)

[野菜の学校](8) 大平農園のまな

1_2

[野菜の学校]の野菜調達担当は「果菜里屋(かなりや)」のヨシエさん。「のらぼう菜」と食べくらべるアブラナ科の茎たち菜を探して、今回も奔走してくれました。そのなかで、世田谷の大平農園で分けてもらったのが「まな」。江戸伝統野菜ではありませんが、アブラナ科の春の野菜として展示、試食しました。

続きを読む "[野菜の学校](8) 大平農園のまな"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月16日 (月)

4 月の陽子ファームから

陽子ファームから野菜が届きました。
1

続きを読む "4 月の陽子ファームから"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月15日 (日)

[野菜の学校](7) 滝野川ごぼう

1_11

滝野川ごぼうは、江戸時代に各地に広がったごぼうの先祖として有名な野菜で、何年か前に捜したときは、もはや栽培農家などどこにもいない幻のごぼうといわれました。
今回はヨシエさんが埼玉県で作っている人を訪ねて、分けてもらうことができました。伝統野菜を見直して栽培を始めた人もいるのでしょうし、直売所をはじめとするさまざまな世の中の動きから表に出て来た、ということもあるのでしょう。
滝野川ごぼうは包丁を当てたときの感触がみずみずしく、やわらかく、おいしそうです。こんなごぼうが「幻」にならないように、応援しなくちゃ、と思いました。

続きを読む "[野菜の学校](7) 滝野川ごぼう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月14日 (土)

[野菜の学校](6) 後関晩生

1_6

「後関晩生」は伝統小松菜。単なる小松菜ではありません。
というのは、いま「小松菜」という名前で流通しているのは、青梗菜などと掛け合わされて美しく強くなった新小松菜。原小松菜とは姿も違います。そこで、原小松菜を「伝統小松菜」と呼ぶことにした、と大竹道茂先生。

続きを読む "[野菜の学校](6) 後関晩生"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月13日 (金)

[野菜の学校](5) 東京うど

1_6

「東京うど」といえば立川ですが、立川のうどは、東京どころか日本でいちばん生産量が多いのだそうです。東京に日本一の生産高を誇る野菜があるなんてちょっと不思議。
で、うどは町おこしの核になりました。天ぷら、サラダ、炒めものをはじめ、うど握り(寿司)、うど巻(寿司)、うどピザ、うどラーメン、うどせん、うどあられ、うどパイ、うどまんなどなど、さまざまな料理や名産品があるらしい。一度行ってみようかしら。

続きを読む "[野菜の学校](5) 東京うど"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月12日 (木)

[野菜の学校](4) 亀戸大根

1_4

「亀戸大根はすぐわかります。茎の色が白いでしょう」と大竹道茂先生。突然変異で白い茎のものが出たのを珍重して、育成していき、白茎のだいこんができあがったのだそうです。
▲写真左が亀戸大根、右は美濃早生大根

続きを読む "[野菜の学校](4) 亀戸大根"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月11日 (水)

[野菜の学校](3) とうだちした「三河島菜」

2_2

「伝統野菜には物語がある」と江戸東京野菜研究会会長の大竹道茂先生。「三河島菜」の場合は「里帰りした三河島菜」です。詳しくは、大竹先生のブログで。
「里帰りした三河島菜」が順調に生育、鍋物に美味い。
「里帰りした三河島菜」に、仙台からも、東京の料理人からもメールが届く。
「里帰りした三河島菜」の販売戦略を畑で語る。
「里帰りした三河島菜」を訪ねて故郷荒川区の栄養教諭さんがやってきた。

続きを読む "[野菜の学校](3) とうだちした「三河島菜」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月10日 (火)

[野菜の学校](2) のらぼう菜

3

4月の[野菜の学校]は、江戸東京野菜がテーマです。食べくらべの中心は「のらぼう菜」という、西洋種のとうだち菜。

続きを読む "[野菜の学校](2) のらぼう菜"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 9日 (月)

[野菜の学校](1) 江戸東京野菜

1_23

[野菜の学校]2012年度は「日本の伝統野菜・地方野菜」をテーマに展開する3年目。4月はその最初の月です。私たちの活動はほんとうに地味な学校ですか、それでもスタートくらいはにぎにぎしくいきたい。
無理をお願いできそうな伝統野菜のスター的存在といえば、江戸東京野菜の大竹道茂先生。2年前にお話していただきましたが、あのときは初夏でしたから、季節が違えば野菜も違う。今回は「のらぼう菜」の食べくらべを中心に組み立てようという企画でした。

続きを読む "[野菜の学校](1) 江戸東京野菜"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 8日 (日)

TAKA FARMの中島菜

1

伊勢丹の青果売り場で「能登島赤土野菜」“TAKA FARM ”というちょっと目立つロゴタイプをつけたパッケージに入っていました。

続きを読む "TAKA FARMの中島菜"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 4日 (水)

「ピュアスペクト」というオレンジ

1

4月7日にスタートする[野菜の学校2012]について相談するために、ボランティアで運営に参加してくれている「やまけん」こと山本謙治さんに会いに行きました。「やまけん」は「出張食い倒れ日記」という超人気ブログで知られる、農産物・流通・ITコンサルタント。メディアにもよく登場します。
おみやげにもらったのが
「○○(まったく記憶から消えている)という仲卸(と聞いたような気がする)がうまい、と言って送ってきたオレンジ。ホントにうまい(ここだけは確かに記憶している)」
「どこのオレンジ?」
「知らん(というより興味ない、かな)」

続きを読む "「ピュアスペクト」というオレンジ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 3日 (火)

ベジマルシェ通信 第15号

Couleurs15_p1

日本では、かつてアスパラガスといえば、缶詰のホワイトアスパラガスでした。というところから、取材は始まりました。今回のベジマルシェ通信、丹羽真清さんの「野菜のチカラ」のお話はアスパラガスです。どうぞごらんください。

続きを読む "ベジマルシェ通信 第15号"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 2日 (月)

おいしい野菜の健康力

ベジマルシェを運営するデザイナーフーズ株式会社丹羽真清社長の新刊『データが語る おいしい野菜の健康力』が、及川紀久雄氏、霜多増雄氏との共著で、3月22日に発売されました。丹羽さんの部分には、クサマも関わっています。

02

続きを読む "おいしい野菜の健康力"

| | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

キウイフルーツとパンを合わせて

1_23

フードコーディネーター領家彰子さんにお願いしている、フルーツサンドのレシピ。
条件はいつも3つです。

  1. できだけ簡単に作れること
  2. たいていのお宅にある食材を使うこと
  3. フルーツでもあまり甘くしないこと

▲写真は、さいころに切ったキウイフルーツを粒マスタードで和えたもの。料理の付け合わせにしてもよい。

続きを読む "キウイフルーツとパンを合わせて"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »