« 宴の野菜度036 丸ビル「モナリザ」 | トップページ | おいしい“50℃洗い”のすすめ »

2012年4月23日 (月)

津之香

2
ブログネタとしていただいたのに、しばらく落ち着いてまとめることができませんでした。提供してくださったのは、よこはま青果塾の藤岡輝好委員長。ごめんなさい。

1

藤岡さんのメモには「清見×興津早生」と書いてあります。
「津之香」をウェブで調べてみたら、果樹研がヒットしました。まとめてみると

  • 育成機関:(独)農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所
  • 品種名:津之香Tsunokaori(つのかおり)
  • 交雑組み合わせ:清見×興津早生(きよみ×おきつわせ)
  • 品種登録年月日:1991年11月19日
  • 果実:扁円形で160g程度。果皮は橙色、平滑で外観良好。果皮は薄く、剥皮性は比較的容易。浮き皮の発生はない。通常タネはない。
  • 糖度:13度以上で、熟期を迎えるにつれ上昇してくる。
  • 熟期:3月下旬から4月中旬
  • 名前の由来:育成地名(長崎県南島原市口之津町)から「津」をとり、オレンジ香をもつカンキツの意

重さをはかってみると120~140g。ウェブ情報よりちょっと小さめです。手でむけて、袋ごと食べられるこのサイズのかんきつっていい。中晩柑といわれるタイプが次々に出てくるのも当然でしょう。

3

「津之香」は、ジューシーでなめらかな食感、濃い味のカンキツです。

|

« 宴の野菜度036 丸ビル「モナリザ」 | トップページ | おいしい“50℃洗い”のすすめ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

果物(柑橘)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/54544555

この記事へのトラックバック一覧です: 津之香:

« 宴の野菜度036 丸ビル「モナリザ」 | トップページ | おいしい“50℃洗い”のすすめ »