« 八百屋塾 (3) 新じゃが「にしゆたか」 | トップページ | 八百屋塾 (5) 柿沼農園のセロリ »

2012年5月 4日 (金)

八百屋塾 (4) 新たまねぎ

[八百屋塾]4月のテーマは新もの野菜。たまねぎは特徴のある2種類です。

1
▲写真はサラダたまねぎ「サラたまちゃん」

▼サラたまちゃん
2

  • 熊本県芦北JAあしきた
  • 「サラたまちゃん」というネーミングは、水にさらさなくても食べられる「サラダたまねぎ」から
  • 1961年(昭和36年)水田裏作に代わる作物としてスタート
  • 水俣・芦北地方は、平均気温16~17℃、降雨量2100mm。1年を通じて温暖で多雨な気候を利用して極早生・早生品種を中心に栽培。早いものは3月上旬から出荷

▼オニオン・ブランシュ
1_2

静岡県浜松市にあるヤママツ鈴木農園のたまねぎ「オニオン・ブランシュ」。ホームページには次のように紹介されています。

  • 静岡県浜松市篠原町の在来種
  • 明治時代までは年貢の換金作物としてつくられていた
  • 太い首が特徴で、水分が多く、甘い玉ねぎとして知られている

オニオン・ヌーボーもこの農園の作物。ホームページによるとオニオン・ヌーボーは「オニオン・ブランシュ」と同じたまねぎで「世界で一番早く収穫される」のだそうです。

▼試食は「サラたまちゃんのスライスおかかがけ」
3

 

|

« 八百屋塾 (3) 新じゃが「にしゆたか」 | トップページ | 八百屋塾 (5) 柿沼農園のセロリ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

八百屋塾」カテゴリの記事

野菜(根菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/54618614

この記事へのトラックバック一覧です: 八百屋塾 (4) 新たまねぎ:

« 八百屋塾 (3) 新じゃが「にしゆたか」 | トップページ | 八百屋塾 (5) 柿沼農園のセロリ »