« [野菜の学校](5) その他のさやえんどう | トップページ | [野菜の学校](7) その他の豆 »

2012年5月22日 (火)

[野菜の学校](6) ファーベとそら豆

4

[野菜の学校]5月は、番外の「豆」がテーマ。お天気が順調なら、日本に初めて伝わったという“富松一寸そら豆”や、そこから広がって作られるようになった「なにわ伝統野菜」の「河内一寸そら豆」も展示できると面白かったのになぁ。▲写真はファーベ

以下は配付資料から
<プロフィール>

  • マメ科ソラマメ属。
  • アフリカ北部、地中海、西南アジアが原産という説がある。イスラエルの新石器時代の遺跡からも出土され、4000年前にはエジプトで栽培されていた。
  • 聖武天皇の時代(729~749年)にインドの僧侶、菩提仙那(ぼだいせんな)が中国を経て来朝した際、持っていた「王墳豆」の栽培を行基上人にすすめ、上人が武庫村(現尼崎市武庫)の岡(おか)治(じ)氏に試作させたのが「一寸そら豆」の起源とされている。

<種類>

  • ファーベ
    ・イタリアのそら豆。日本では生食、サラダ用として販売されているが、ゆでてもよい。
    ・さやの長さが約30㎝、1つのさやに6~7粒入る。種子は2~2.5㎝で、種皮は淡緑色。
    ・柔らかくツルッとした食感。生で食べると青臭さがある。甘み、風味に富む。
    ・イタリアではチーズやワインといっしょに食べるのが定番。
  • 一寸そら豆
    ・さやが大きく粒も大きい。全国的に現在のそら豆の主流。
    ・一つのさやに、粒の揃った豆が3入っているのがよい。
    ・「打越一寸」は九州南部で栽培されている一寸そら豆から系統選抜した品種
    ・「陵西一寸」は1927年に堺市の相良氏が「河内一寸」より改良。仁徳陵の西方にあった
    ことから「陵西一寸」と名付けた
    ・「清水一寸」は、明治以後に「河内一寸」を交配・育成された愛媛の伝統野菜

▼そら豆(和歌山)
1

▼そら豆(愛媛)
1_2

▼ファーベ(千葉)
2

▼ファーベはナマで
1_3

▼そら豆、ゆで
1_4

▼焼きそら豆
1_5

 

|

« [野菜の学校](5) その他のさやえんどう | トップページ | [野菜の学校](7) その他の豆 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

野菜の学校」カテゴリの記事

野菜(果菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/54823235

この記事へのトラックバック一覧です: [野菜の学校](6) ファーベとそら豆:

« [野菜の学校](5) その他のさやえんどう | トップページ | [野菜の学校](7) その他の豆 »