« 宴の野菜度038 代々木「コードクルック」 | トップページ | 宴の野菜度039 本郷「森の」 »

2012年5月11日 (金)

低温スチーミング入門

02

このところ、「50℃洗い」でマスコミの話題になっている平山一政さんは、スチーミング調理技術研究会の代表。ずっと以前から低温スチーミング調理を広めようと努力されています。

01

私も何度か平山邸で低温スチーミング調理のお料理をごちそうになり調理器も買っていろいろ作ってみたのですが、調理器は仕事で必要だったお友だちに貸したままになっています。家庭電化品というよりは実験器具のような…。でも、野菜をおいしく食べるにはとても強力でした。その平山一政さん監修、料理研究家(?)のタカコ・ナカムラさんが作った本が出ました。帯にはこう書いてあります。

蒸すって
100℃じゃなかったの!?

NHKテレビ「ためしてガッテン」
日本テレビ系「世界一受けたい授業」で大反響
「野菜シャッキリ、甘みたっぷり」の不思議。
「アク抜き効果抜群、水さらし要らず」
「煮込まず、具をあわせるだけ」
でおいしい煮ものって…?
“ミラクル”な調理法「低温スチーミング」を
“食べること、暮らすことはまるごと環境とつきあう”と
Whole Foodな行き方を提唱する
タカコ・ナカムラさんが手ほどき。
蒸気技術専門家として
「低温蒸し」を研究してきた平山さんの
やさしい誌上講義も
目からウロコの話がいっぱい。

[鍋+網+温度計+ふた]で低温スチームする方法が図解されています。これ、いいかも。低温スチーミング調理器は、友人のところに行ったまま戻ってこないらしい。今度はこれでやってみよう。

■低温スチーミング入門
平山一政監修
タカコ・ナカムラ著
自然食通信社刊
定価 1500円+税

|

« 宴の野菜度038 代々木「コードクルック」 | トップページ | 宴の野菜度039 本郷「森の」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

低温スチーム」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/54686497

この記事へのトラックバック一覧です: 低温スチーミング入門:

« 宴の野菜度038 代々木「コードクルック」 | トップページ | 宴の野菜度039 本郷「森の」 »