« [野菜の学校](2) ふき | トップページ | [野菜の学校](4) ふきの食べくらべ »

2012年6月 6日 (水)

[野菜の学校](3) 秋田ふき

3_3

野菜の学校]6月のテーマは秋田伝統野菜。秋田でふきなら「秋田ふき」と思うのは自然です。有名ですし。

下記は配付資料から

  • 江戸時代1745年に、秋田藩主 佐竹義峰は、他国の殿様とのお国自慢話の中で、巨大な秋田ふきの話をしたが信じてもらえず腹を立てた。そこで国許から速やかに秋田ふきを取り寄せて披露したところ、目の前の大きなふきに、先日馬鹿にしていた諸侯の藩主も謝罪したという。
  • 秋田音頭に「秋田の国では雨が降っても唐傘などいらぬ、手ごろのふきの葉サラリとさしかけさっさと出て行がえ」とある。

1_2_2

半分に切って、葉っぱで全体を包んで送られてきました。茎と葉っぱをつなげてみると、1m以上ありました。これは、比較的小さなもので、大きいものでは2mにもなるのだそうです。
秋田ふきには、茎が青い「青ふき」、茎が赤い「赤ふき」、大きい「大ふき」と3種類あります。
▼青ふき
1_1_4

▼赤ふき
2_2

▼大ふき
1_1_5

▼比較すると
1_3_3

2_3

「秋田ふき」は、食用としてはイマイチだった。北海道には「羅湾ぶき」という、「秋田ふき」に似た、大きなふきがあるそうです。これはおいしいらしい。

|

« [野菜の学校](2) ふき | トップページ | [野菜の学校](4) ふきの食べくらべ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

野菜の学校」カテゴリの記事

野菜(葉菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/54981315

この記事へのトラックバック一覧です: [野菜の学校](3) 秋田ふき:

« [野菜の学校](2) ふき | トップページ | [野菜の学校](4) ふきの食べくらべ »