« 宴の野菜度042 千駄ヶ谷「やまもと」 | トップページ | 江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座(6)佐藤勝彦さんのお話 »

2012年6月25日 (月)

江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座(6)

1

<江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座>の6回目は、土曜日の午後いっぱい。中田哲也先生による「地産地消とフード・マイレージ」のお話とグループ演習、押上「よしかつ」主人の佐藤勝彦さんのお話、きゅうりの食べくらべなど、盛りだくさんの内容でした。
▲写真は「地産地消とフード・マイレージ」のお話をする中田哲也さん

▼グループ演習
2

休憩の後は、グループ演習。晩ごはんを想定して、フード・マイレージと輸送に伴うCO2排出量を計算します。まず、何を食べるかがなかなか決まらない。和食パターンと洋食パターンの料理カード10枚を組み合わせるのだけれど、自分の晩ごはんとは相当違うからね。ただ、フード・マイレージを試算したときにどう食べればよい結果が出るかは明白(すぎる)。結局「ごはん+ハンバーグ+ハネムーンサラダ+チーズ+なし」になりました。これでカロリーベース自給率は40%をちょい切った。ということは、今の日本の自給率とほぼ同じなわけで、この献立は日本の平均的な晩ごはんということになる? という冗談も出ました。

3_2

予想通りというか、この献立だと悪い数値だよね、と計算しなくてもわかりました。でも、みんなでワイワイ電卓をたたいたり、数字を合わせたり。

▼発表
1_2

2_2

3_3

発表した4(確か)グループの中には優等生の献立もありました。

|

« 宴の野菜度042 千駄ヶ谷「やまもと」 | トップページ | 江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座(6)佐藤勝彦さんのお話 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/55055435

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座(6):

« 宴の野菜度042 千駄ヶ谷「やまもと」 | トップページ | 江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座(6)佐藤勝彦さんのお話 »