« 江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座(6) | トップページ | 江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座(7) 三鷹星野農園の寺島なす »

2012年6月26日 (火)

江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座(6)佐藤勝彦さんのお話

1_3

<江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座>の6回目。押上「よしかつ」主人の佐藤勝彦さんが開店前の忙しいなか、「江戸東京野菜を含む東京食材の利用」と題したお話をしてくださいました。
▲写真は佐藤勝彦さん。

「この前掛けをしないと調子が出ない」と、お店でのスタイルで講演した佐藤さん。印象に残ったことをまとめると

  • 「よしかつ」はもんじゃのお店。もんじゃは東京の郷土料理(?)だが、郷土料理の定義はその土地の産物を使うこと。それが郷土料理の魅力、人を引きつける土地の魅力なのではないか。
  • お店が押上に移動したのを契機に、東京の食材にフォーカスしていった。最初はお酒から入り、調味料、野菜、肉など。
  • 市場、直売所、アンテナショップ、道の駅、ネットショップ、スーパーマーケットなど小売店、生産者直、とあらゆるルートで、東京の食材を集めている。
  • 食べる人を増やさなければ、伝統野菜は作ってもらえない。もっと江戸東京野菜を食べよう。
  • 東京都の自給率1%が2%になるようにがんばりたい。

▼きゅうりの食べくらべ

1_4
「馬込半白」は案外苦くなかった。でも、ちょっと皮がかたかったな。「夏すずみ」はフツーにおいしかった。どちら小金井の宮寺さんが作ったきゅうりです。

▽馬込半白
3_4

▽夏すずみ
1_5

 

|

« 江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座(6) | トップページ | 江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座(7) 三鷹星野農園の寺島なす »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

江戸・東京野菜」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

食べくらべ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/55055495

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座(6)佐藤勝彦さんのお話:

« 江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座(6) | トップページ | 江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座(7) 三鷹星野農園の寺島なす »