« [野菜の学校](7) 秋田の料理② ぜんまい鍋 | トップページ | 江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座(4) »

2012年6月10日 (日)

[野菜の学校](7) 秋田の料理③ わらびたたき

1_1_2

昔、秋田出身の人に教わって作った「みずとろろ」によく似ています。今回好評だったのは、木の芽の香り。前の「みずのたたき」のときはおろししょうがでした。何か香りを加えるのがポイントのようです。

<材料>

  • アク抜きしたわらび 1束(150g~200g)
  • (やわらかなものがいい。かたい場合は軽く湯がいてやわらかくする)
  • みそ 大さじ1/2
  • 木の芽 3~4枚

<作り方>

  1. 木の芽は洗って、すり鉢でよく擦る。
  2. 1 にみそを入れて、さらによく擦り、木の芽みそをつくる。
  3. まな板にわらびをのせ、すりこぎで叩き、包丁で繊維を短く切る。
  4. 2 にわらびを入れ、全体がよく混ざりあうように擦りながら混ぜる。
    ※ごはんの上にのせて食べることが多い。
    (好みにより、みその量及びわらびのたたき具合を加減する)

▼昔作った「みずとろろ」もごはんにのせて食べた
1_7

▼わらび
1_2_4

 

|

« [野菜の学校](7) 秋田の料理② ぜんまい鍋 | トップページ | 江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座(4) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

レシピ」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

野菜の学校」カテゴリの記事

野菜(山菜・野草)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/55098736

この記事へのトラックバック一覧です: [野菜の学校](7) 秋田の料理③ わらびたたき:

« [野菜の学校](7) 秋田の料理② ぜんまい鍋 | トップページ | 江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座(4) »