« [野菜の学校](6) いろいろオクラのトマト煮 | トップページ | 第1回ブルーベリー研究会 »

2012年7月19日 (木)

[野菜の学校](7) その他いろいろ山口の産物

1

[野菜の学校]7月のテーマは山口の伝統野菜。「白オクラ」「萩たまげなす」「甲高たまねぎ」のほか、この時期に獲れる野菜などを取り寄せて試食しました。

▼萩すいか

1_2

3

4
すいかも野菜なので、カットして試食。

▼ふぐ用の小ねぎ
3_2

4_2

12
「博多万能ねぎ」のオリジナルは、この小ねぎだそうです。「山口は商売が下手なんです」と講師の内藤雅浩さん。ふぐの薬味として食べたいところですが、豆腐にのせて。

▼トマト
2

3_3
トマトは山口の農畜産業粗生産額ランキングの10位。野菜では、いちご、ねぎに続く3位に入るメイン品目です。

▼ピーマン
3_4
この時期に穫れる野菜のひとつ。ふつうのピーマンでした。

▼はなっこりーの青汁
1_3

2_2
「はなっこりー」は「やまぐちこだわり農産物」のひとつとしてピーアールしているオリジナル野菜です。山口県農業試験場で、中国野菜のサイシン×ブロッコリーから生まれました。収穫時期が11月から3月が中心なので、今は時期はずれ。野菜の代わりにやってきたのが、この青汁のもとです。パッケージに「甘い青汁」とあり、確かに飲みやすかった。

▼漬けもの
▽寒漬け
1_4

2_3
塩漬した大根を寒風にさらす←→叩いて伸ばして平らにする(約3か月以上繰り返し)乾燥→半年以上蜜漬け→発酵→完成、という伝統的な手法で漬けたもの。見た目ほどには塩辛くなかった。

▽うまもんの「白菜の三度漬け」
1_5

2_4
「うまもん」は、山口出身の女流作家宇野千代御用達の漬けもの屋さんだそうです。

|

« [野菜の学校](6) いろいろオクラのトマト煮 | トップページ | 第1回ブルーベリー研究会 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

野菜の学校」カテゴリの記事

野菜・果物の加工品」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/55228444

この記事へのトラックバック一覧です: [野菜の学校](7) その他いろいろ山口の産物:

« [野菜の学校](6) いろいろオクラのトマト煮 | トップページ | 第1回ブルーベリー研究会 »