« 四季を再現した先進植物工場研究施設 | トップページ | すもも祭りのすもも »

2012年7月22日 (日)

すもも祭

1_6

[八百屋塾]実行委員の一人、大野武男さんが教えてくれた、府中・大國魂神社の「すもも祭」に行きました。▲写真は、府中駅に飾ってあった大団扇。

1_5

大國魂神社に着くころちょうど土砂降りが始まりました。気象庁は「梅雨は明けたとみられる」と、慎重ながら「明けた」と言っていたのに、なんだか梅雨末期のふりかたみたいだ。
長い参道に入ると、たこ焼き、イカ焼き、焼きそば、焼き鳥、お好み焼き、ホットドッグ&フランクフルト、綿菓子、おもちゃ…。ずらりと屋台が並び、傘を差した参拝客がぞろぞろ歩いています。晴れていたら、さぞ賑わっていたことでしょう。

2

1_2

2_2

3_2

すももの店は参道の奥のほう、大野さんはいちばんお宮に近い露店にいました。テントの中に入れてもらうと、雨は縁から落ちてくるし、テントにあたって、ボツ、ボツ、ボツ、と大きな音を立てています。

「ひどい雨ねぇ」
「晴れていれば、夕方になる前に売り切れるんだよ」
「すももがなくなっても、夜9時まで店は開けてる」
「今朝は何千人も(だったかな?)並んだんだよ」

などと話していてもなかなかやみそうにないので、お参りをして、からす団扇とからす扇を求めて帰りました。

以下は「すもも祭」についてウェブに書いてあったこと

  • 毎年7月20日に開かれる。
  • 源頼義・義家父子が奥州安倍氏を平定した「前9年の役」に行く途中、大國魂神社に立ち寄り、戦勝祈願をした。そのおかげか戦に勝ち、凱旋の帰途、戦勝の御礼詣りをした。
  • そのとき、祭神饌の一つとしてすももを供え、境内にすもも市がたつようになった。そこで、「すもも祭」と呼ばれている。

1_3

2_3

以下は大野さんからいただいた紙に書いてあったこと

■からす扇、からす団扇の由緒

神代の昔、御歳神様が虫害や災難を除く方法をいろいろ教えられたうちに「からす扇をもって扇(あお)げ」と教えられた故事に基づいて、当神社は、からす団扇とからす扇を奉製して毎年七月二十日に、これを頒布いたしております。
その効験はことに著しく、このからす団扇または扇子で扇ぐと災厄などが払い除かれますし、玄関先に飾っておきますと、悪魔を祓いその家に幸福が訪れます。
東京府中市 武蔵総社 大國魂神社

2_4

1_4


|

« 四季を再現した先進植物工場研究施設 | トップページ | すもも祭りのすもも »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

果物(梅・桃など)」カテゴリの記事

青果イベント」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/55286769

この記事へのトラックバック一覧です: すもも祭:

« 四季を再現した先進植物工場研究施設 | トップページ | すもも祭りのすもも »