« スイートマイルドトマト | トップページ | 「翡翠瓜」は灰化法の肥料で栽培 »

2012年7月30日 (月)

「大黒なす」は叩いた音で収穫する

2_3

山梨県甲州市の山本ファーム(有)からのいただきもの。大きくて美しい「大黒なす」です。

3

大黒なすは、「山本ファーム(有)が十数年かけて品種改良、育成したオリジナル・ブランド野菜の一つ」。ご案内によると

「大黒なす」は肉質が緻密で、なすの旨味を凝縮したような味が特徴です。
この特徴は一般のなすと異なり、果実のように着果調整を行いますことと、一個ごと枝を折らないように紐でつるし、独特の大きな形に熟成させるという栽培方法が支えております。
さらに大黒なすの収穫は、叩いて音で判断して行います。実を軽く叩き、高温から少し低くなったときが一番風味としても美味しくいただけるときです。しかし、この最適期間は2、3日とわずかで、これより早ければ青臭く、遅ければ種が入ってしまいます。大黒なすの収穫は、研ぎ澄まされた感性と経験に裏打ちされた作業となっております。

4

はかってみたら約600gありました。
前にいただいたときは、パスタに入れたり、塩もみにしたので、厚めに切って田舎煮にしてみました。熱々のうちのやさしい甘みとかすかななすらしいえぐみが一つになった味わいも格別ですが、冷やしていただいても、きめの細かいとろりとした食感は絹のよう。

農業法人 山本ファーム(有)
山梨県甲州市塩山千野4221
FAX:0553-32-1788

|

« スイートマイルドトマト | トップページ | 「翡翠瓜」は灰化法の肥料で栽培 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

野菜(果菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/55357471

この記事へのトラックバック一覧です: 「大黒なす」は叩いた音で収穫する:

« スイートマイルドトマト | トップページ | 「翡翠瓜」は灰化法の肥料で栽培 »