« 八百屋塾 (3) 外国なすほか | トップページ | 八百屋塾 (5) 畑(はた)なす »

2012年8月27日 (月)

八百屋塾 (4) 東京産「寺島なす」

2

8月の[八百屋塾]のテーマはなす。江戸東京野菜の「寺島なす」も登場しました。ただ、今まで出合った「寺島なす」は、なす名人の星野直治さんや、井上誠一さんのお作。今回は向島から届いたなす、というので、ちょっとびっくり。向島に畑はありそうにないけどなぁ。

1

「寺島なす」の展示といっしょに「畑のない地域からの野菜出荷」を目標にしているという寺島・玉の井まちおこし委員会のチラシ「めざせ、中央市場!寺島なす復活プロジェクト」がありました。
下記はそのまとめ。

  • 墨田区東向島はかつて地名を寺島といい、江戸の人々に新鮮な野菜を供給していた。そこで、畑のない墨田区で、「寺島なす」を復活させ、生産する活動「めざせ、中央市場!寺島なす復活プロジェクト」が始まった。
  • 墨田区では、路地での園芸、マンションベランダなどでの家庭菜園が盛んなので、そこで「寺島なす」を作ってもらい、箱詰めし、最終的には中央市場への出荷をめざす。

なかなか志の高いプロジェクトです。

ただし、今回[八百屋塾]に届いた「寺島なす」は、このプロジェクトとは別。東向島(つまり昔の寺島)にある大喜青果さんが、江戸川区の農家さんの畑を借りて作ったもので、トレーサビリティもきちっとしています。「実際には、プランターで栽培したものは市場には出荷していません」とのことでした。

|

« 八百屋塾 (3) 外国なすほか | トップページ | 八百屋塾 (5) 畑(はた)なす »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

八百屋塾」カテゴリの記事

江戸・東京野菜」カテゴリの記事

野菜(果菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/55545339

この記事へのトラックバック一覧です: 八百屋塾 (4) 東京産「寺島なす」:

« 八百屋塾 (3) 外国なすほか | トップページ | 八百屋塾 (5) 畑(はた)なす »