« 八百屋塾 (4) 東京産「寺島なす」 | トップページ | 八百屋塾 (6) 赤なし・青なし »

2012年8月28日 (火)

八百屋塾 (5) 畑(はた)なす

1_2

8月の[八百屋塾]のテーマはなす。山形県新庄市から、柿崎繁雄さんご夫婦が「畑(はた)なす」という丸なすをもってお見えになりました。

1_3

「畑なす」という名前は、栽培地名、新庄市本合海畑(はた)に由来します。
畑は、かつては稲作ができない土地だったようです。文字通り、畑で野菜を作って生計を立てていました。当時は「畑なす、畑瓜、畑芋の子」といわれるほど、野菜の産地として有名だったといいます。
やがてポンプが登場し、水をが汲みあげられるようになって、畑は水田に変わり、暮らしは一変。今はなす以外のタネはなくなってしまいましたが、畑なすだけは絶やさずに作ってきたそうです。

  • 栽培エリア:新庄市本合海畑
  • 収穫時期:6月下旬~10月中旬
  • 来歴:舟運の栄えた300年以上前、最上川を往来する北前船から、上方の文化とともにこのなすのタネが伝わったと考えられている。
  • 特徴:丸なす。直径10㎝位。大きくても柔らかく煮崩れしない。
  • 利用方法:焼きなす、味噌漬け
  • 2010年10月最上伝承野菜に認定。

畑なすは炒めて試食しました。とろりとして、甘みがあり、なすの風味が感じられて、たいへんけっこうでした。

3

|

« 八百屋塾 (4) 東京産「寺島なす」 | トップページ | 八百屋塾 (6) 赤なし・青なし »

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

八百屋塾」カテゴリの記事

野菜(果菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/55546317

この記事へのトラックバック一覧です: 八百屋塾 (5) 畑(はた)なす:

« 八百屋塾 (4) 東京産「寺島なす」 | トップページ | 八百屋塾 (6) 赤なし・青なし »