« 八百屋塾 (6) 赤なし・青なし | トップページ | 暁桃太郎 »

2012年8月30日 (木)

ちなつ

1青森に住んでいる江渡茂彦さんが送ってくださいました。1コ200g弱の愛らしいりんご。「ちなつ」といいます。青森県南部町西村農園の西村忠志さんという方のお作です。

4

「ちなつ」については、大好きなホームページ「青い森の片隅で」に詳しくわかりやすく載っていますが、果樹研究所盛岡支場が開発したりんごなので、果樹研のホームページも参照しました。

2

■育種の目的

  • 東北北部で8月に成熟する極早生の優良品種はないので、育成が必要。
  • わが国の特徴ある品種と、海外から導入した極早生品種との交雑を行ない、果実品質がすぐれ、生産力の高い早生の優良品種育成を試みた。

■経過

  • 1972(昭和47)年:「あかね」に「アーリー・ブレイズ」を交雑して育成
  • 1982(昭和57)年:極早生の優良系統として一次選抜
  • 1989(平成元)年:「リンゴ盛岡49号」の系統名で、系統適応性検定試験にだした結果、その優秀性が注目された
  • 1997(平成9)年度:系統適応性・特性検定試験成績検討会で新品種候補にふさわしい(特性が安定している)との結論
  • 2001(平成13)年:品種登録

5

交雑してから品種登録までおよそ30年。その間に試験を何度も受けて…、たいへんなご苦労です。品種登録からおよそ10年後、「ちなつ」は私のところにやってきました。とにかくかわいい子です。見ているとニコニコしてきます。
栽培の留意点として「着色程度はやや少ないため、葉摘み等の着色管理に努める必要がある」と書かれていますが、西村さんは葉をつけたまま出荷されたのですね。それがまたいい。

江渡さんによると「求めたのが遅かったのでやわらかくなっている」とのこと。断面の写真を撮ろうとカットしたら、ちょっと傷んでいるところもありました。でもそれは、もともと皮が薄く傷つきやすいからですね。果樹研の情報には「果皮は薄く、丸かじりに適しているが、一方では果皮に傷が付きやすいため、果実の取り扱いには留意する必要」とありました。

6

以下は「ちなつ」といっしょに入っていた江渡さんのお手紙から

生産者は、青森県南部町西村農園西村忠志さんです。西村さんは紅真珠という桜桃を育種栽培し、糖度40度以上にもなります。

40度ってスゴイ。見マチガイかと何度も確認しましたが、やはり40度と書いてありました。ま、これはさくらんぼの話ですけど。なので、西村さんの「紅真珠」は何度も盗難に遭っているそうです。

 

|

« 八百屋塾 (6) 赤なし・青なし | トップページ | 暁桃太郎 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

果物(梨・りんごなど)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/55593235

この記事へのトラックバック一覧です: ちなつ:

« 八百屋塾 (6) 赤なし・青なし | トップページ | 暁桃太郎 »