« なしとパンが出合ったら | トップページ | ベジマルシェ通信 第21号 »

2012年10月 2日 (火)

秋の「大黒なす」

1_2

「京まんじゅう茄子」の記事をご覧になった山本ファームさんが、秋の「大黒なす」を送ってくださいました。夏にいただいたものよりもひと回り大きい、みごとな姿です。はかってみたら約900g!ありました。

3_2

ていねいなお手紙がついていました。
要約すると

「京まんじゅう茄子」は、タネ屋さん(丸種)の情報にあるように350~400gが収穫適期のようだ。一方「大黒なす」は、900g~1kgでも種がかたくならず、緻密な肉質と濃厚なうま味がある。従って、この2つはまったく違うなすといえる。

ありがとうございます。おっしゃるとおりです。たまたま「京まんじゅう茄子」と7月にいただいた「大黒なす」の果重が近く、姿形も似ていると思いましたが、品種はもちろん別のものと思いました。

4_2

秋の「大黒なす」は9月末に送っていただいて、もうすっかり楽しんでしまった後です。ブログに書かなくちゃと気になっていたのですが、ちょっと遅れてしまいました。

|

« なしとパンが出合ったら | トップページ | ベジマルシェ通信 第21号 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

野菜(果菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/55851944

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の「大黒なす」:

« なしとパンが出合ったら | トップページ | ベジマルシェ通信 第21号 »