« 第1回 食のアカデミーセミナー | トップページ | 【からだにいい食べ方】2013夏号 発売! »

2013年5月19日 (日)

ディナープレート「穀菜果食」

Foodhealth1

Food&Health講座という勉強会で、食生活ジャーナリストの会代表幹事の佐藤達夫さんが「食の安全情報を検証する--科学的に理解し、冷静に伝える--」という演題で講演すると聞いて、参加しました。1時間に凝縮したお話は熱がこもり、すばらしかった。
のですが、「穀菜果食」と題した(「ディナープレート」と呼ぶらしい)お弁当が、なんというか…、印象的でした。

Foodhealth3

ディナープレートを監修したのは岩井達さんという方です。
「穀菜果食」について、配付資料から引用すると

セブンデー・アドベンチスト教団(プロテスタントのキリスト教)に所属する東京衛生病院(杉並区)が推奨する、「穀物・野菜・果物」を中心に適量のたんぱく質をとりいれた食事の摂り方

今回のテーマは、市販の缶詰などを使って作るメニューだそうです。

▼マカロニ&チーズ(右)と温野菜の盛りあわせ(左)
Foodhealth4

マカロニ&チーズには市販のパスタソースを使用

▼野菜大豆ボールの完熟トマトソース添え
Foodhealth5

野菜大豆ボールは市販のレトルト

▼ねぎ塩スープ
Foodhealth2

市販のインスタートスープを使用

|

« 第1回 食のアカデミーセミナー | トップページ | 【からだにいい食べ方】2013夏号 発売! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/57458078

この記事へのトラックバック一覧です: ディナープレート「穀菜果食」:

« 第1回 食のアカデミーセミナー | トップページ | 【からだにいい食べ方】2013夏号 発売! »