« 2月の陽子ファームから | トップページ | ベジマルシェ通信 第28号 »

2013年5月 1日 (水)

マンゴーを干してみよう

1

フードコーディネーターの領家彰子さんにお願いして、ドライフルーツを作りその利用法を紹介してもらうシリーズ、今回のくだものは「マンゴー」です。

1_2

マンゴーのドライフルーツは市販されています。チーズ屋さんから何かのキャンペーンの時にプレゼントされたことがありますし、トロピカル料理のパーティーのときにお菓子のように盛られていました。
市販のものと違い、自家製は好みで干し加減を決められます。フレッシュ感を残して作りました。

■ドライマンゴーとかぶのエスニック風サラダ2

しょうが、赤とうがらし、ナンプラー、レモン汁のエスニックな風味が、ドライマンゴーに思いがけなくマッチします。かぶとマンゴーのツルリとしたなめらかな食感が印象的なサラダ。白身魚の刺身をプラスすればおもてなしにもぴったりです。

■ドライマンゴーの塩かりんとう
2_2

干したマンゴーを低温で二度揚げ、塩をふっていただきます。糖分が凝縮されており、焦げやすいので油の温度に注意。コンロから離れないで、マンゴーを少しずつ入れ、表面の色を見ながら揚げていきます。

■ドライマンゴー蒸しパン
1_3

パンというとちょっとハードルが高いイメージがありますが、蒸しパンは特別な器具もいりませんし、意外に簡単に作れます。干したマンゴーを蒸すと水分を含み、ふっくらと懐かしいおやつになりました。キャラウェイの香りがアクセント。

▼こんな風に蒸す
10

|

« 2月の陽子ファームから | トップページ | ベジマルシェ通信 第28号 »

クサマ&なかまの仕事」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

果物(熱帯果樹)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/57486019

この記事へのトラックバック一覧です: マンゴーを干してみよう:

« 2月の陽子ファームから | トップページ | ベジマルシェ通信 第28号 »