« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

ベジマルシェ・ワークショップ「梅干しづくり」

1_2

赤坂アークヒルズ2階「ベジマルシェ」の月例野菜のチカラセミナー。お話の後はワークショップです。今回は梅干しを作りました(というか作る準備をしました)。

続きを読む "ベジマルシェ・ワークショップ「梅干しづくり」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月29日 (土)

第32回野菜のチカラセミナーatベジマルシェ

1
赤坂アークヒルズ2階「ベジマルシェ」の月例野菜のチカラセミナー第32回に参加しました。今回は「野菜でしなやかな血管」がテーマです。(写真は試食した野菜とフルーツ)

続きを読む "第32回野菜のチカラセミナーatベジマルシェ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月14日 (金)

かがわ食育考

Photo

香川県は糖尿病患者の数が日本一、という名誉とはいえないナンバーワン。その原因は、名物「さぬきうどん」とも野菜不足ともいいます。さぬきうどんが悪者にされるワケは、ツルツルッと喉を滑らせていただくのが醍醐味、という噛まないで飲み込む食べ方、これがイケナイ。また、野菜不足は、2006年から2010年の国民健康・栄養調査によると、香川県民の1日当たりの野菜摂取量は男性が全国46位で女性が最下位の47位!という筋金入り。うーむ、なかなか手強い状況です。

続きを読む "かがわ食育考"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月13日 (木)

おいしいふくしま、できました。

Fukushima5

新生!ふくしまの恵み発信事業・第1回メディアセミナー
福島県産「旬の農産物」プレゼンテーション
『夏秋きゅうり全国No.1』
~その魅力と安全性~
 というイベントが開かれました。
「東京の夏野菜は福島産が多いから、風評被害から農家を守らなくては、作ってもらえなくなる」と、北千住・杉本青果の杉本さんがよくおっしゃいますが、ふくしまの夏秋きゅうりは全国No.1、とは知りませんでした。福島のきゅうりがなくなったら、東京だけではなく全国が困るということです。もちろん東京が大消費地であることもあるでしょうけれど。
▲写真は生産者代表の方のphotoセッション。のぼりにはイメージタレントのトキオがいます

続きを読む "おいしいふくしま、できました。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月12日 (水)

茂木びわ

1

いただきものの茂木びわです。1個約50g。茂木びわとしては大きいほうでしょう。たくさんあるので、サラダにも入れたりしてどんどん食べています。

続きを読む "茂木びわ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月11日 (火)

ランチの野菜度 取手市「ビストロタムタム」

1_9

  • 八百屋塾課外授業のランチ
  • 1000円(なわけない。が、それしか払ってない)
  • ピザ、サラダ、パスタ、オムライス、お酒
  • 野菜度=★★☆☆☆

◇[八百屋塾]のメンバーで、茨城県のシモタファームに行きました。お話を聞いたり、圃場をみたりしているうちに、ランチタイム。15人近くいたので、入れるお店を教えてもらったら、「案内するからちょっと待って」と霜多さん。野菜を持ち込み、サラダを作ってもらって試食しよう、とおっしゃいます。霜多さんの野菜を使っているお店だそうです。

◇ナビしてもらわないと迷ってしまいそうな道を20分ほどで「ビストロタムタム」に到着。「このくらいラクに入れる」という2階に案内され、まずビール。ドライバーのみなさま、ごめんなさい。

続きを読む "ランチの野菜度 取手市「ビストロタムタム」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月10日 (月)

シモタファーム

1

日曜日、八百屋塾のメンバーと茨城県取手市にあるシモタファームに行きました。
霜多さんは、1月の[八百屋塾]で「野菜の機能性について」と題して講演してくださったのですが、刺激的なお話の中に「アニオン」「カチオン」「エヌオースリー」「エムジー」……などなど、聞いたことのないカタカナがたくさん出てきて、もう少しわかりたい、どんな農業をしているのか見てみたいという要望が出てきたのです。

続きを読む "シモタファーム"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 9日 (日)

6 月の陽子ファームから

1

陽子ファームから野菜が届きました。

続きを読む "6 月の陽子ファームから"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 8日 (土)

宴の野菜度 築地市場内「魚四季」

1

  • JFJ魚食普及研究会
  • 約5000円
  • 魚料理と焼酎
  • 野菜度=★☆☆☆☆

◇食生活ジャーナリストの会の分科会「魚食普及研究会」。会長の大森さんが予約してくれたのは、築地市場の中にある「魚四季」というお店。いやはや、お客のおじさん&お兄さんの賑やかなこと。グワッハッハ! ギャッハッハ!がそこら中でとどろきわたり、こちらは話は控えて、ひたすら魚食研究にいそしんだ一夕でありました。

続きを読む "宴の野菜度 築地市場内「魚四季」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 7日 (金)

[野菜の学校]がFacebookを始めました

Top

▼こちらです。
野菜の学校 Facebook

続きを読む "[野菜の学校]がFacebookを始めました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 6日 (木)

ブラックボックス

_0002

篠田節子さんのとても面白い小説です。
表面の帯には「恐怖の食卓」というキャッチフレーズ。
「サラダ工場のパートタイマー、野菜生産者、学校給食の栄養士は何を見たのか?」食と環境の崩壊連鎖をあぶり出す渾身の大型長編サスペンス。週刊朝日連載の単行本化」とあります。

続きを読む "ブラックボックス"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月 5日 (水)

宴の野菜度 青山「アラトゥルク」

1

  • 山形大学農学部の先生で、在来作物研究会会長の江頭宏昌先生とごいっしょに
  • 3000円強
  • 軽い夕食とビール
  • 野菜度=★★★☆☆

◇[野菜の学校]特別講座の会場は、青山にある東京ウイメンズプラザでした。山形大学の江頭先生は朝、夜行バスで山形からいらして、21時過ぎに新宿を出る夜行バスでお帰りになるといいます。では、夕ご飯をごいっしょしなくては。スタッフと合わせて10人で、スパイラルホールの横にあるトルコ料理屋さんへ行きました。トルコから帰国されたばかりのもう一人のスピーカー、やまけんさんを誘ったけれど、さすがにそこまではおつきあいいただけなかった。
◇[野菜の学校]の調理隊長、フードコーディネーターの領家彰子さんは、このところ語尾に「スタン」がつく国々(○○○○スタン)への旅行が続いています。もちろんトルコはもう何度も行っている。料理を頼むときに、こういう人がいると安心です。満場一致でオーダー係に任命。

続きを読む "宴の野菜度 青山「アラトゥルク」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 4日 (火)

御倉多公子さんのお花

1_3
6月1日(土)の「伝統野菜はおもしろい ~なぜ守るのか、なぜ伝えるのか~」という[野菜の学校 特別講座]の演壇を飾ったお花です。とても美しいのでもらって帰り、家で写真を撮りました。

続きを読む "御倉多公子さんのお花"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 3日 (月)

伝統野菜はおもしろい!

1

6月1日(土)、「伝統野菜はおもしろい ~なぜ守るのか、なぜ伝えるのか~」という特別講座を開きました。
NPO野菜と文化のフォーラムが主催する[野菜の学校]では、この3年間「日本の伝統野菜・地方野菜」をテーマに勉強会を開いており、運営している私たちは、知れば知るほどその奥深さ、おもしろさに魅了されています。

7月からスタートする[野菜の学校2013]は日本の伝統野菜をテーマにする最終期です。その前に、私たちがなぜこんなにはまってしまったかを伝えて、まだその魅力をご存じない人たちにもぜひ一歩踏み入れてもらいたいと思い、この特別講座を開くことにしたわけです。

ラッキーなことに、伝統野菜の世界のシンボルともいえる存在の江頭宏昌先生と、農産物流通改革のシンボルであり、野菜の味には格別な一家言をもつ山本謙治氏を、スピーカーにお迎えすることができました。

続きを読む "伝統野菜はおもしろい!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 2日 (日)

ベジマルシェ通信 Vol.29

Couleurs29_p1

赤坂アークヒルズ2Fにある野菜のショールーム<ベジマルシェ>は、4月「食の薬局」となるべくリニューアルしました。「食の薬局」のキーワードは、「旬菜薬同源」です。「旬の野菜と薬は、同じようにカラダにはたらくという意味」と、ベジマルシェを運営するデザイナーフーズ株式会社の丹羽真清社長。
つまり、「食の薬局」では薬品は売らないけれど、薬を同じようにカラダにいいはたらきをする食材を紹介して、健康を届けるということ。たとえば、抗酸化力の高い漬けものを使った熊野の伝統食「めはり」もそのひとつです。

続きを読む "ベジマルシェ通信 Vol.29"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »