« キウイフルーツの芯の取り方 | トップページ | 7月の陽子ファームから »

2013年7月 3日 (水)

ベジマルシェ通信 第30号

「野菜のショールーム」から「食の薬局」へリニューアルした<ベジマルシェ>。「食の薬局」として提唱する食の基本が「一汁三菜」です。「一汁三菜」は、ごはんとおつゆ、たんぱく質の主菜、野菜の副菜2品という、日本の伝統的な献立。この号ではその調理のベースになる「だし」と「調味料」を取りあげています。だしも調味料も、よい食材できちんと作られたものは、抗酸化力が高いことがわかってきました。詳しくは、PDFをご覧ください。

Couleurs30_p1

▼couleurs(クルール) は、赤坂アークヒルズ2階のVege Marche(ベジマルシェ)に置いてありますが、こちらからPDFをダウンロードできます。
 
 
▼今号の主な記事
  • ベジトーク「一汁三菜のある食卓」
    調味料のチカラ
    一日一食「一汁三菜」を
     
  • 野菜のチカラ徹底研究「ビタミンC」

|

« キウイフルーツの芯の取り方 | トップページ | 7月の陽子ファームから »

クサマ&なかまの仕事」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/57991300

この記事へのトラックバック一覧です: ベジマルシェ通信 第30号:

« キウイフルーツの芯の取り方 | トップページ | 7月の陽子ファームから »