« 野菜の学校(2) 最上伝承野菜 | トップページ | 野菜の学校(4) 勘次郎きゅうり »

2013年9月19日 (木)

野菜の学校(3) 畑(はた)なす

21

[野菜の学校]9月のテーマは山形県最上地方の伝統野菜。新庄市本合海(もとあいかい)の畑(はた)地区に100年以上前から伝わる丸なすです。北前船の交易で関西方面から運ばれたものらしい。京都の「賀茂なす」が祖先という記事もありますが、江頭先生は「福井県鯖江市の“吉川なす”を見たとき、よく似ていると思った。何か関係があるかもしれない」とおっしゃっていました。

▼これが吉川なす
Photo
10月の[野菜の学校]で学ぶ福井伝統野菜の一つ。来月届くかどうかは、時期的に微妙です。
 
以下は、先生のお話と資料の抜粋
  • 本合海という地区はは最上川が大きくうねり、川に囲まれるように位置しており、川風が強い。
  • この地区では灌漑設備ができるまではお米を栽培することができず、畑の作物で生計を立てていた。当時は「畑なす、畑瓜、畑芋の子」といわれるほど、野菜の産地として有名だった
  • 畑なすのタネは寒さに強く、春先に蒔かれて夏に向けてじっくりと幹を太くし、葉を広げて育っていく。連作ができず、4年間場所をずらしながら栽培される
  • 果皮がしっかりしていて傷つきにくく、収穫後1週間くらい日持ちする
  • 料理は焼きなすが一般的。地元では、四角く切って炒り、みそとしそで味付けする「なす炒り」にして食べるほか、みそ漬けにする
  • 加熱しても形がくずれず、実がしっかりしている。甘くトロリとした食感。
  • 自家採種しよいタネと苗を交換しながら、自家用として各家庭で栽培されてきた。現在の生産者は15人程度。出荷は6軒。
 
▼畑なすを作っている柿崎繁雄さんの畑
4_2

2

今回の畑なすは、果菜里屋の高橋芳江さんが取り寄せてくれた、柿崎繁雄さんのお作。柿崎さんご夫妻は[八百屋塾]にいらしたご縁で、こちらからも出かけて行き、お目にかかったことがあります。上の写真はそのときのものです。
柿崎さんは食堂を経営しています。そこへ江頭先生がいらして、畑なすを伝統野菜と認定してくださった、と話してくれました。
 

|

« 野菜の学校(2) 最上伝承野菜 | トップページ | 野菜の学校(4) 勘次郎きゅうり »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

野菜の学校」カテゴリの記事

野菜(果菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/58222984

この記事へのトラックバック一覧です: 野菜の学校(3) 畑(はた)なす:

« 野菜の学校(2) 最上伝承野菜 | トップページ | 野菜の学校(4) 勘次郎きゅうり »