« 野菜の学校(8) 永平寺ぎんなん | トップページ | 野菜の学校(10) さといもの食べくらべ »

2013年10月19日 (土)

野菜の学校(9) 富津(とみつ)金時

2_5

富津金時は、福井県北部にあるあわら市の海沿いに面した富津(とみつ)地区で作られているさつまいも。なるほど、こういうところならおいしく育つだろうなぁ、と思えるエリアです。
 

3
 
▽以下は資料から
  • 富津地区は丘陵地。赤土を含む砂地で水はけがよく、保水性と通気性が絶妙にバランスしている。海からの強い風が吹くが、北陸地方の中でも温暖で、夏の日照時間が長い。
  • 富津甘藷組合の組合員は全員がエコファーマー。徹底した土づくりを行い、3年に一度畑を休ませるという。
  • 収穫時期は8月下旬~11月上旬だが、キュアリング貯蔵し周年出荷している。キュアリング貯蔵とは、土付きのいもを35℃、湿度95%以上の室内に約90時間置き、その後、一気に12℃まで温度を下げて湿度を85%にして保存する。表面が蓋をするようにコルク化することで、最適な水分量を含ませたまま長期間、味を維持できる。
  • 品種は「金時・高系14号」。徳島の鳴門金時、高知の土佐紅芋、紅さつま、ことぶきなどと同系統。「富津金時」は適度な水分を含み、しっとり、ほくほくしている。甘みも強い。

1_4

|

« 野菜の学校(8) 永平寺ぎんなん | トップページ | 野菜の学校(10) さといもの食べくらべ »

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

野菜の学校」カテゴリの記事

野菜(根菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/58415477

この記事へのトラックバック一覧です: 野菜の学校(9) 富津(とみつ)金時:

« 野菜の学校(8) 永平寺ぎんなん | トップページ | 野菜の学校(10) さといもの食べくらべ »